ホーム > スポットニュース > その他 > ワカサギ釣りのコツを伝授!コツさえ掴めば三桁も!?

ワカサギ釣りのコツを伝授!コツさえ掴めば三桁も!?

2018年09月21日
twitter
facebook
はてなブックマーク

冬の釣りの人気のターゲット、ワカサギを釣るコツをご紹介します! ワカサギ釣りは初心者の方もチャレンジしやすい釣りです。今年はワカサギ釣りにチャレンジしようと考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね!

ワカサギ釣りの魅力

冬の釣りの代名詞のワカサギ釣り。なぜそこまでに人を惹きつけるのか、魅力を紹介します。

レンタルもあって比較的難易度が低い

初心者の方の場合、釣り竿やリールなど、釣り道具一式を揃えるとなると、チャレンジしようにもハードルが高くなってしまいます。その点、ワカサギ釣りは釣り場で竿やリールをレンタルできる場所が多い印象です。

比較的難易度が低いのも魅力のひとつ。ポイントや状況によっては坊主ということもあるかもしれませんが、コツをつかめば100匹を釣ることだって可能です!

釣り道具がコンパクトで扱いやすい

他の釣りであれば竿やリールの扱いに慣れるまで時間がかかり、上達まで時間がかかったりということもありますが、ワカサギ釣りはターゲットのサイズが小さい分、道具も非常にコンパクトです。軽くて扱いやすいので女性や子供でも楽しむことができます。

釣って楽しい、食べて美味しい

釣りたてをその場で天ぷらで! ワカサギ釣りの魅力はなんといっても、釣ったワカサギを美味しくいただけるという点にあるのではないでしょうか。釣った人だけが味わえる釣り人の醍醐味です。

ワカサギ釣りのコツ

基本はしっかり底をとる

ワカサギ釣りは底をしっかりとるのが基本です。釣り初心者の方には馴染みのない言葉かもしれませんが、「底をとる」とはエサや仕掛けを底に沈めて底の感触を感じながら釣ることを言います。

ワカサギは底にいることが多く、また、中層を泳いでるワカサギよりも底付近にいるワカサギを狙うほうが釣りやすいため底を狙うのがベターです。

オモリが底に着くのを感じたら糸を軽く張り穂先を少し曲げた状態をキープします。この状態が基本となり、ここから誘いを入れてワカサギを釣っていきます。

誘い方をいくつか試してみる

ワカサギの活性によって誘い方を変えてみるのがたくさん釣るコツのひとつです。チョンチョンと穂先を小刻みに動かしたり、大きく誘ったり、ゆっくりとしゃくってみたりと自分の中でパターンを用意しておいて釣れなくなったら他の誘い方を試してみるといいかと思います。また誘った後に3~5秒くらい止めて食わせの時間をつくるというのも効果的です。

アタリのとり方

ワカサギがエサを咥えている間に合わせなければ釣ることはできません。そのためには、アタリをしっかりと感じることが大切です。

穂先が大きくビクビクと動いたり、小刻みに揺れたりというアタリであれば感じ取ることは難しくありませんが、あまり竿や手に変化が表れない場合もあります。フッと軽くなったり、糸が吸い込まれるように動いたりというのもアタリの兆候です。

微妙なアタリはとりあえず全て合わせて、アタリの感触を覚えるということが上達の近道です。

合わせ方

小さく手首の返しだけで合わせる方法と、スーと竿を大きく持ち上げるようにして合わせる方法など、合わせもいくつかパターンがあります。

ワカサギの活性や竿の調子(曲がり方)によって合わせ方を変えるということもありますが、はじめのうちは、難しく考えず、合わせが決まりやすい方法でたくさん魚を釣るということが吉です。

オモリのウェイトを変えてみる

オモリのウェイトを変えることでワカサギの食いがよくなるということがあります。微妙にウェイトを軽くするだけでも餌がナチュラルに揺らめくように動いたりと見え方に変化が生まれます。ワカサギがなかなか釣れない時の工夫のひとつとして、覚えておくといいかと思います。

手返しをスピーディーに

ワカサギは群れで回遊していることが多く、群れに当たれば釣れ続けるということもしばしば。そして、群れに当たった時に重要になるのが手返しです。数を釣るとなった場合、ワカサギ釣りでは釣れたら即投入を繰り返して手返し良く釣ることがポイントです。

餌の付け方や交換の頻度

ワカサギ釣りでは、サシというハエの幼虫を使うことが一般的で、この小さな餌を針に付けてワカサギを釣ります。付け方は一匹まるまる針に付けてもOKですが効果的とされているのが半分にカットして使う方法です。半分にカットすることで体液が出てワカサギが集まりやすくなると言われています。

また、餌は頻繁に交換する方が釣果を伸ばすことができます。新鮮な餌を使うことで食いが良くなります。

ワカサギが釣れるフィールド

ワカサギ釣りといえば氷上の穴釣りが有名ですが、実はドーム船の中で釣りをしたり、ボートから釣ったりという釣り方もあります。

全国的に有名なワカサギが釣れるフィールドを紹介します。

山中湖(山梨県)

厳冬期でも結氷することが少ない山中湖では、ドーム船でのワカサギ釣りが有名です。ドーム船であれば暖房完備で天候に関らず快適に釣りを楽しめる他、レンタルも充実しています。釣り方も丁寧に教えてくれるので初心者の方におすすめです。

桧原湖(福島県)

磐梯山の噴火でできた桧原湖は、東北におけるワカサギ釣りのメッカとして知られており、ワカサギ釣りを楽しむ人で賑わいます。初心者の方に嬉しいドーム船での釣りや、釣り小屋なども利用することができ、1月下旬頃からの3月上旬頃までの結氷中は穴釣りも盛んです。

松原湖(長野県)

猪名湖、長湖、大月湖の3つの湖の総称ですが、3つの湖の中で一番大きい猪名湖を指します。結氷の状況にもよりますが、12月末位から部分的に解禁されていき3月頭まで楽しむことができます。釣り竿やドリル、ストーブなどのレンタルも充実しています。

野尻湖(長野県)

ナウマンゾウの化石の発掘で有名な野尻湖は、長野県を代表するワカサギ釣りスポットです。例年11/1の解禁日から翌年の3月頃までの期間はドーム船でワカサギ釣りが楽しめます。ワカサギ釣り以外にもバスフィッシングができるスポットとしても有名です。

入鹿池(愛知県)

周囲約18km。貯水量は日本有数の人工池です。湖畔にはボート屋がひしめき合い、ボートからの釣りがメインとなります。11月頃は木々が色付きはじめ紅葉も楽しめるスポットに。そのため11月はワカサギ釣りのボートと観光ボートが湖面を賑わします。

阿寒湖(北海道)

マリモで有名な阿寒湖。ワカサギやイトウ、ヒメマスなど様々な魚を狙うことができるスポットです。厳冬期になると結氷した氷上で行う穴釣りが有名で、レンタルも充実。湖畔の食事処では釣った魚を天ぷらにしてくれる嬉しいサービスも。

ワカサギ釣りを自分の道具で楽しみたい派に!おすすめ5選

ワカサギ釣りは、現地でレンタルができる釣りでもありますが、やはり自分の道具で釣れば感慨もひとしお! 他の釣りに比べて比較的安価で揃えることもできるので、ハマったら自分の道具で釣りにいくというのもまた違った面白さがあるはずです。

DAIWA(ダイワ) クリスティア ワカサギ21 ブラック

全長(cm):44
継数(本):2

Amazonで見る楽天市場で見る

持ち運びもラクチンなワカサギ専用ロッド

ワカサギ専用ロッド。感度良く穂先でアタリを見ることができます。先端のコルクに穂先を差し込めば持ち運びも時もラクチンです。

DAIWA(ダイワ) ワカサギ 手巻きリール クリスティア タナハンター

標準自重(g):60
標準糸巻量 ナイロン(号-m):1-100/1.5-65

Amazonで見る楽天市場で見る

ワカサギが釣れたタナをキープ!

タナストッパー機能というタナ(深さ)取りがしやすい機能が付いています。ワカサギが釣れたタナをキープして釣ることができます。

DAIWA(ダイワ) クリスティア ワカサギ CR III

本体サイズ(mm):幅 約45/長さ 約135/高さ 約45
巻糸量(PE-m):0.5-30

Amazonで見る楽天市場で見る

数釣りのマストアイテム!

水深が深い場所や手返しのスピードアップを図りたいという時に重宝する電動リールです。数を釣りたいという方は必須なアイテムです。

DAIWA(ダイワ) クリスティア 快適ワカサギ仕掛けSS マルチ 5本針 1.5号

仕掛全長:74cm

Amazonで見る

使い勝手の良いオールラウンドな仕掛け

ドーム、ボート、氷上と様々なシーンで使えるオールラウンドの仕掛けです。針が5本で絡みづらく初心者の方も安心です。

DAIWA(ダイワ) クーラーボックス スノーライン

自重:0.8kg
容量:2.9L

Amazonで見る楽天市場で見る

ワカサギ釣りにぴったり!コンパクトサイズのクーラーボックス

ワカサギやハゼなど小物釣りにぴったりなサイズのクーラーボックスです。非常にコンパクトでかさばらないので持ち運び時も便利です。

編集部からヒトコト

ワカサギ釣りはコツを掴めば短い時間で食べきれない程の数を釣ることも可能です。

ただ、全く釣れないという状況にも出くわします。そんな時こそ、釣れた時の感触を冷静に思い出して「さっきはこうしたら釣れたなぁ」「さっきはこのタナで釣れたなぁ」など考えながら釣りをするのもコツです。

やみくもに釣りを楽しむよりも考えながら、工夫をしながら釣ることがワカサギ釣りに留まらず釣りでは大切です。

【関連記事】

人気記事ランキング

今月のイチオシ

PR
PR
ページトップへ