ホーム > スポットニュース > レジャースポーツ > トレッキングポールの長さを選ぶ!収納・調節方法や素材を解説。おすすめ10選も

トレッキングポールの長さを選ぶ!収納・調節方法や素材を解説。おすすめ10選も

更新日 2019年01月11日
twitter
facebook
はてなブックマーク

トレッキングポールの長さの決め方や、購入時にチェックしたいポイント、編集部おすすめの10商品をご紹介します。

トレッキングポールには材質・長さ・収納方法など様々な違いがあります。購入前に知っておくとより自分に合ったものを見つけられますので、ぜひチェックしてみてください。

トレッキングポールの長さはどう決める?

登山をしている時に歩行をサポートしてくれるトレッキングポールですが、長さの調整が上手くできていないとその効果を発揮することができません。

では、自分にピッタリ合ったトレッキングポールの長さはどれくらいなのでしょうか。ここではトレッキングポールの性能や特徴、使い方と合わせて、長さの調整についてご説明いたします。

トレッキングポールと身長の合わせ方

トレッキングポールには、登山用、トレラン用、ノルディック用などいろいろな種類がありますが、長さの基準は大きく分けて2種になります。

・登山・ウォーキング用:身長×0.63
・トレラン用:身長×0.65
・ノルディックウォーキング用:身長×0.68

自分の好みや目的によって長さは違ってきますが、上記を参考にして、自分の身長とあてはまる数字を掛け合わせて計算してみてください。出てきた長さを調整できる範囲のトレッキングポールを選べば大丈夫でしょう。

トレッキングポールを正しい長さに合わせて持とう

トレッキングポールには基本の長さがあります。

ポールを真っ直ぐに地面につけた時に、肘の角度が90度になる時の長さに合わせましょう。これがトレッキングポールの基本の長さです。この長さからトレッキングポールを使う目的や状況によって、長さを調整して使用します。

登り・下りで長さ調節や使い方を変えよう

トレッキングポールは、登山の時は、登りと下りで長さを調節して使うことをおすすめします。

登りではトレッキングポールの長さを平地より短めに合わせます。登っている時も90度の角度を保つような長さです。この長さにすることで、肘や肩への負担が軽減でき、登りの坂道でもトレッキングポールが扱いやすくなります

下りでは登りよりも5~10cm長めに調節します。手首に負担がかかりそうな時は、グリップの持ち方を変えて、グリップの上部を握るようにして持つと良いです。

登りと下りのトレッキングポールの使い方の注意点

登りの際に、トレッキングポールを遠くに突いてしまうと、腕の力で引き寄せてしまい、腕に負担がかかってしまいます。それではトレッキングポールのサポート力が発揮されず、登山の途中で疲れてしまいます。ポールは足の出る位置の少し前くらいに突くようにしましょう

下りでは、ポールを突く位置が遠くならないように気を付けましょう。あまり遠くにポールを突いてしまうとポールで全体重を支えることになり危険です。ポールを突いた岩がグラグラしていることがあり、バランスを失って転倒してしまう危険があるからです。

次の足が出る横あたりか、少し前くらいに突くようにして、全体重をストックで支えるような歩き方にならないように気をつけましょう。

トレッキングポールは収納性もチェック

トレッキングポールは、登山時に使う時以外は小さく収納してザックに入れて持ち歩きます。したがって収納時のトレッキングポールの長さも選ぶポイントになってきます。購入前にサイズや収納方法をチェックしておきましょう。

収納方法の違いをチェック

トレッキングポールは、収納方法はいくつかあり、折り畳むものや、伸縮するものなどがあります。実際に使う時に自分に合ったタイプを選ぶとより快適に収納できます。

折り畳み式

折り畳み式は、分割しているシャフトの中にコードが入ってつながっており、折り畳んで収納するタイプです。小さく収納できるので荷物を軽減したい登山時に最適です。

強度はあまり強くないので、トレッキングポールを要所でしか使わない方や、低山での使用が多い方におすすめです。

テレスコーピング式

テレスコーピング式は、望遠鏡(telescope)のように収納する方法で、細いシャフトと太いシャフトが繋がっているのを緩めて、細い方のシャフトを太い方のシャフトの中に収納するタイプです。

折り畳み方式よりも強度がありますが、収納は折り畳み式よりも大きくなるので、ザックの外側に取り付けて持ち運びます。

長さ調整方法

長さの調節方法にも種類があります。使いやすいタイプを選びましょう。

スクリュータイプ

太いシャフトと細いシャフトを回し長さを調整するタイプです。このタイプのモデルが多いですが、長さを固定する時や緩める時に少々力が要ります。

レバーロックタイプ

シャフトを連結している部分にロックレバーが付いており、レバーを開閉することでシャフトの長さを調整します。調整が簡単なので、女性やご年配の方に向いています

ラチェットタイプ

細いシャフトを引っ張りガイドラインを太いシャフトのストッパー穴に沿って引き伸ばし、ストッパーが穴に掛かかることで固定される方法です。ストッパーが確実にロックされていることを確認してから使用します。

トレッキングポールはザックに収納を

トレッキングポールは使用時以外は、ザックに収納して持ち運びます。折り畳み式のトレッキングポールは小さく収納できるので、ザックの中に入れることができます

テレスコーピングタイプは、折り畳み式ほど小さくならないので、ザックの外側に付けて持ち運ぶことになります。ザックのサイドポケットに刺して、ポケットから出る部分はストラップで固定します。

トレッキングポールをサイドポケットに入れて登山している時は周りの人に当たらないように気を付けなければなりませんが、特に登山口まで電車で移動するような時は、車中でトレッキングポールが乗客の方に当たり怪我を負わせないように気をつけましょう

トレッキングポールおすすめ10選

スポットプラス編集部が厳選したトレッキングポールのおすすめ商品をご紹介します。

LEKI(レキ)  サーモライト AS

使用サイズ:66~130cm
収納サイズ:66cm
重量:約464g(組)
材質:アルミ

SuperSportsXEBIOで見るAmazonで見る楽天市場で見る

スーパーロックシステムシリーズのベストセラーモデル

ポールを突いた時の衝撃を吸収するアンチショックシステムを装備しているので、関節や手首への負担が軽減されます。

Black Diamond(ブラックダイヤモンド) ディスタンスカーボンFLZ

使用サイズ:95-110cm、105-125cm、120-140cm
収納サイズ:34cm、37cm、40cm
重量:95-110cm=350g(1ペア)、105-125cm=360g(1ペア)、120-140cm=370g(1ペア)
材質:カーボンファイバーシャフト

SuperSportsXEBIOで見る楽天市場で見る

コンパクトに収納できるカーボンポール

ブラックダイヤモンドの軽量モデルです。ザックにコンパクトに収納でき組み立ても簡単にできます。強度と軽さを併せ持ったトレッキングポールです。

Black Diamond(ブラックダイヤモンド) トレイル

使用サイズ:63.5~140cm
収納サイズ:63.5cm
重量:481g(1ペア)
材質:アルミ合金

SuperSportsXEBIOで見るAmazonで見る楽天市場で見る

機能性、収納性、コスパのバランスが抜群

収納性、耐久性のバランスの良い高性能なトレッキングポールでコスパが抜群です。アルミ合金なので軽量とはいきませんが、機能性が高くおすすめのポールです。

SINANO(シナノ) フォールダーFREE 125

使用サイズ:110-125cm
収納サイズ:36cm
重量:約202g(1本)
材質:カーボン

SuperSportsXEBIOで見るAmazonで見る楽天市場で見る

カーボン素材で軽量!コンパクト!

カーボンを使用しているので軽く、収納時には36cmまでコンパクトになります。ザックの中にすっぽりと収納でき、荷物を少しでも軽くして登りたい時におすすめです。

Black Diamond(ブラックダイヤモンド) ディスタンスFLZ

使用サイズ:105-125cm、120-140cm
収納サイズ:37cm、40cm
重量:445g、475g
材質:アルミ

SuperSportsXEBIOで見るAmazonで見る楽天市場で見る

グリップはこだわりの形状で滑りにくい

収納性と利便性に優れ、折り畳み式でありながら約20cmの長さの調節が可能です。グリップは独特の形状によって手が滑りにくい仕様になっています。

SINANO(シナノ) FAST-115 カーボンW

使用サイズ:90~115cm
収納サイズ:56cm
重量:約210g(1本)
材質:超軽量アルミ+カーボン

SuperSportsXEBIOで見るAmazonで見る楽天市場で見る

重心がシャフト中心にあり軽く感じられる構造

カーボンとアルミを使用し、重心がシャフトの中心にくるように設計され、楽にポールを触れるような構造になっています。緊急時に居場所を知らせることができるホイッスル付きです。

Whole Earth(ホールアース) コードジョイントポール

使用サイズ:約91~110cm(3段)
収納サイズ:約33cm
重量:約240g(1本あたり、先ゴム・バスケット除く)
材質:アルミ合金

SuperSportsXEBIOで見るAmazonで見る楽天市場で見る

女子におすすめ!可愛くてコンパクト!

折り畳むと33cmと超コンパクトになりザックにすっぽりと収納できます。使用時は組み立てが簡単にできるコードロック構造で女性におすすめです。ホールアースのかわいいデザインで気分も上がりますね。

Whole Earth(ホールアース) ウルトラコンパクトライト トレック 110ペア

使用サイズ:約110cm(4段)
収納サイズ:約47.3cm
重量:約225g(1本あたり)
材質:シャフト 7001材

SuperSportsXEBIOで見るAmazonで見る楽天市場で見る

手の小さな方でも握りやすい細めの設計

収納サイズはほとんどのザック内に収納できるサイズ設計です。超軽量EVAフォームのグリップで、手首や肘にかかる負担を軽減します。

LEKI(レキ)  ULイーグル

使用サイズ:58~125cm
収納サイズ:58㎝
重量:約460g(組)
材質:アルミ

SuperSportsXEBIOで見るAmazonで見る楽天市場で見る

LEKIでコスパに優れているモデル

LEKIの中で最もコストパフォーマンスが良く、シャフトを固定するためのロック機能が高いモデルです。手になじみやすいストラップと握りやすいグリップはどんな登山にも対応します。

LEKI(レキ)  SPD2 サーモライト DSS

使用サイズ:67-130cm
収納サイズ:67cm
重量:約466g(組)
材質:アルミニウム

SuperSportsXEBIOで見るAmazonで見る楽天市場で見る

LEKIの定番人気のモデルです

DSSは新しい衝撃吸収システムで、従来のアンチショックシステムのばねのような感じがない自然な使用感が特徴で、ポールの付いた衝撃の約40%を吸収してくれます。

トレッキングポールの機能性もチェック

トレッキングポールは素材や機能にも違いがあり、それも選ぶポイントになってきます。自分の登山スタイルや登る山によってトレッキングポールを選ぶと良いでしょう。

アンチショック

アンチショックとは、トレッキングポールを突いた時の手や腕への負担を軽減してくれるシステムです。ポールの中にスプリングが付いていて、ポールを突いた時にストック自体が伸縮し、ショックを吸収してくれます。

バスケット

バスケットはポールを突いた時に、奥のほうまで刺さりすぎないようにするためのものです。夏山登山しかしない方は使わないかもしれません。もし、雪が降る季節も登山をするのであれば、バスケットが装着できるトレッキングポールを選びましょう。冬山ではバスケットがなければトレッキングポールは使い物になりません。

素材は自分に合うものを選ぶ

トレッキングポールは素材によって強度や重さが違います。自分の登山スタイルを考えて最適なトレッキングポールを選ぶようにしましょう。

アルミ素材

アルミ素材は強度が高いのが特徴ですが、カーボン素材に比べるとやや重くなります。

ジュラルミン素材

アルミ素材より強度を増したアルミ合金がジュラルミン素材です。カーボン素材よりも重くなりますが耐久性は抜群です。

カーボン素材

カーボン素材は軽いことが魅力です。耐久性はアルミ素材に比べると劣りますが、登山初心者の方や低山を登る方は、軽いほうが扱いやすいのでカーボン素材のトレッキングポールがおすすめです。

1本タイプと2本タイプの違い

トレッキングポールは1本が良いか、2本が良いかと聞かれると、足の負担を考えると2本のほうがおすすめですが、これは好みにもよります。2本のほうがバランスが取れて歩きやすいという方もいれば、1本のほうが歩きやすいという方もいます。

初心者の方には2本をおすすめしますが、まずは1本で登ってみて、後からもう1本買い足すこともできます。

編集部からヒトコト

トレッキングポールの長さや、特徴、使い方についてご説明をしてきました。いかがでしたでしょうか。これからトレッキングポールの購入を考えている方は、どれにしようか迷ってしまうと思いますが、自分が登ろうとしている山や、普段登っている山を考えて、それに合ったトレッキングポールを選ぶと良いでしょう。

トレッキングポールは登山者をサポートしてくれる優れたアイテムです。みなさんが、自分に合ったお気に入りのトレッキングポールに出会えると嬉しいです。

【関連記事】

SPOT+[スポットプラス]公式LINEアカウント

QRコードから友だち登録してね。週末のおすすめレジャーやお出かけスポットを配信中!

人気記事ランキング

今月のイチオシ

PR
PR
ページトップへ