ホーム > スポットニュース > 陸上・ランニング・マラソン > 気軽なランステで最先端トレーニングが受けられるスゴさ!WIN GATE RUN誕生

気軽なランステで最先端トレーニングが受けられるスゴさ!WIN GATE RUN誕生

更新日 2016年08月19日
twitter
facebook
はてなブックマーク
IMG_6439

東京都板橋区にある「Wingate Training Center(ウィンゲート トレーニングセンター)」は屋内トレーニングスペース、KIDSスクール、整骨院・鍼灸院を併設したスポーツ複合施設です。

効率的なトレーニングの指導、個人では難しい運動前後のケアなど最先端のスポーツ科学技術を駆使したプログラムを受けられるほか、実際にトレーニングに使用できる環境も用意された、アスリートにとって理想的な空間です。

そんな同施設では、8月19日よりランニングステーション(以下ランステ)を含むランナー向けのサービスWIN GATE RUN(ウィンゲートラン)をスタート。荷物の一時預かり、着替え場所の提供はもちろん、低酸素ルームやパーソナルトレーナーによるトレーニング指導などパフォーマンス向上のためのサービスも同施設内で気軽に受けられます。

今までにないランステ。2016年8月19日オープン!

通勤前や会社帰り、いつもとは違う場所を走る旅ランなど、ランナーにとってランステは非常にありがたい存在です。街中を走る市民ランナーが増加していく中、ランステの利用も一般的になりつつあるように感じます。

同施設は、走力を問わずランナーならば誰でも気軽に利用することができるランステに最先端トレーニング設備が併設された、市民ランナーにとって革新的な施設。トップアスリートレベルの環境が一般に広く開放されます。ランステの利用料金は一回300円。一般的なランステの料金よりも安い価格設定なので、電車を乗り継いで行っても、大きな出費にならずに済みそうです。

また、ランステ利用者向けのサービスとしてはランニング周辺機器のレンタルも魅力的。ランニングフォームを可視化できるアイウェアや心拍センサーがついたGPSウォッチなど、最新デバイスを利用することができます。

【レンタル品一覧】
・JINS MEME MT

3つの加速度センサーと3軸のジャイロセンサーが運動による体軸の変化を正確にとらえて、体の動きを可視化。パフォーマンス向上につなげます。

要するに、このメガネを付けて走ることで、どのようなフォームで走っているのかがわかるというもの。走ったあとはアプリで確認することができます。

・Polar M400

毎日の活動量を記録できる活動量計を内蔵した防水仕様のGPSランニングウォッチ。トレーニングのサポートはもちろん、ランニング後の帰り道も教えてくれます。

・Polar H7

心拍センサーをPolaeトレーニングデバイスやフィットネスアプリと接続することでトレーニング中の正確な心拍数をリアルタイムで表示してくれる機器です。

【ランニングステーション利用料金】
・ロッカー&シャワー代(1回 300円)
・タオル(150円)
・JINS MEME MTレンタル(500円)
・Polar M400レンタル(300円)
・Polar H7レンタル(200円)

[次ページ]
〜最先端設備の数々をご紹介!〜

SPOT+[スポットプラス]公式LINEアカウント

QRコードから友だち登録してね。週末のおすすめレジャーやお出かけスポットを配信中!

人気記事ランキング

今月のイチオシ

PR
PR
ページトップへ