ホーム > スポットニュース > スキー・スノーボード > スキー板のおすすめ!【2018最新】レベルやジャンル別の選び方とおすすめスキー板15選!

スキー板のおすすめ!【2018最新】レベルやジャンル別の選び方とおすすめスキー板15選!

2018年09月26日
twitter
facebook
はてなブックマーク

皆さんはスキー板をどのように選んでいますか? スキーのデザインなどの見た目、スキー板の形状、競技などの目的、技術レベルなど様々な選び方があります。

今回はそんなスキー板の選び方を紹介いたします!

スキー板の選び方は様々?

初めてスキー板を選ぶ方はどのスキーが自分に合っているのか、おすすめのスキーはどのようなスキーなのかが分からず悩んでしまうでしょう。

そこで今回はレベルやジャンル別の選び方とおすすめスキー板を紹介していきます。

やりたい競技・ジャンルによって選ぶ

スキー板を選ぶ前に、競技としてスキーを楽しむのかなど、どのようにスキーを楽しみたいのかを考えてみましょう。

冬のレジャーとして楽しみたいのであれば操作性を重視したオールラウンドスキー、深い雪でも埋まらずパウダースノーを楽しみたい方はオールマウンテンスキーがおすすめです。

競技としてスキーを楽しみたい方にも適したスキータイプがあります。エアー、トリックなど、アクロバティックなスキー競技にはフリーライドスキー。

タイムを競うためスピードを求める方はレーシングスキーが適しています。やりたい競技やジャンルに合ったスキー板を選んでみましょう。

自分のレベルや体系に合わせて選ぶ

スキーを滑るには技術も必要なため、技術に合ったスキーを選ぶことが楽しくスキーができるだけでなく、上達にもつながります。

主な技術の指標に滑走速度があります。速度が速いとターンの際に遠心力が大きいため、遠心力に耐えるスキー板が適しています。初心者の場合は滑走速度も遅く、低速で操作性の高いモデルがおすすめです。

自分の体形にあったスキー板を選ぶことも大切です。スキー板はスキーに乗る人を支えるため、体系に合わないスキーを選ぶと操作性だけでなく、安全性にも影響を与えてしまいます。

身長や体重に合わせてスキー板を選んでいきます。身長で合わせるのが一般的で、身長の-15cmから-10cmのスキー板を選びましょう。

体重は重さによって、バランスをとるための力が変わります。体重が重い方は長め、軽い方は短めにするのが適しています。

スキー板の形状と性能で決める

スキー板の形状によっても操作性が変わってきます。スキー板の中心の幅であるセンター幅によって対応する雪質がわかり、スキー板の側面のカーブが曲がりやすさを判断する材料になります。

側面のカーブの数値が小さい場合は小回り向き、大きい場合は大回り向きです。他にもロッカースキーと呼ばれる反り返った板など板特有の性能もあります。

ロッカースキーはチップロッカー、パウダーロッカーなどロッカースキーの中でも性能が分かれますが、体重を支えたり、曲がりやすくなったりといった性能があるので、形状と合わせて性能もチェックしてみましょう。

スキーにはどんな競技がある

スキー競技にはいくつかの種類があります。競技によって適したスキーのタイプや形状、性能があるので、どのようなスキーの楽しみ方があるか知っておきましょう。

オールラウンドスキー

オールラウンドスキーは名前の通り、様々なシーンに対応したスキーです。ターンがしやすく、レジャーやアウトドアでスキーを楽しむ多くの方におすすめのスキーです。

オールマウンテンスキー

オールマウンテンスキーとは、雪の降り積もったゲレンデやゲレンデ外の深い雪でも沈まないため、パウダースノーを楽しみたい方におすすめのスキーです。そのためセンター幅が広く、安定性に優れています。

フリーライドスキー

フリーライドスキーはスキー板の両端のトップとテールが沿っていて、板の柔軟性があり、エアーやトリックなどアクロバティックなスキーの楽しみ方ができるフリースタイルなスキーです。ハーフパイプやコブなどのコースを楽しみたい方におすすめです。

レーシングスキー

センター幅が他のスキー板よりも狭く、小回りの効くスキー板です。素早いターンが可能でスピードが出るため、タイムを狙う競技スキーとして採用されます。

ゲレンデからスキー板が離れにくい構造も競技に適しているので、競技スキーには不可欠のスキー板のタイプです。

ライドタイプに合わせたゲレンデを見つけたい方はこちらの記事がおすすめ!

スキー場オープン2018・19シーズン最速情報!オープンの早いスキー場を紹介! 関東スキー場おすすめ20選【2018最新】子連れに嬉しいスキー場ランキングも

初心者におすすめのスキーブランド

Salomon(サロモン)

ブランドの特徴:サロモンはフランス発祥のメーカーで、ビンディング専業の時代からブーツや板にも生産を広げてきました。

日本ではレジャーの需要が高く、海外では競技でも利用されています。レジャーにも競技にも適した幅広いスキー板が選べるスキーブランドです。

ATOMIC(アトミック)

ブランドの特徴:オーストリア発祥のスキーブランドで、スキー板、ビンディング、ブーツと幅広く事業を展開してきました。

現在では、世界最大のスキーブランドととして知られ、日本のプロスキーヤーも契約を結んでいます。

アルペンスキーヤー、フリースタイルハーフパイプスキーヤーなどフリーライドやフリースタイルに適したスキー板も魅力のスキーブランドです。

K2(ケーツー)

ブランドの特徴:K2はアメリカのメーカーで、スキーやスノーボードだけでなく、インラインスケートや自転車など幅広く事業を手掛けています。

K2の親会社であるJardenCorporationは消費者向け商品を主に販売しているため、スキーにおいてもレジャーでも使いやすいスキー板やアイテムが揃っています。

Volkl(フォルクル)

ブランドの特徴:K2と同じJardenCorporationの傘下で、ドイツ発祥のメーカーです。日本限定モデルのPLATINUMシリーズは、初心者にも対応した軽量化にこだわったオールラウンドスキーで、どのスキーヤーにも合うラインナップが魅力です。

オールラウンドスキーにおすすめの板3選

SALOMON(サロモン) X-MAX

サイズ:155cm、160cm カラー:ホワイトxイエロー

SuperSportsXEBIOで見る楽天市場で見る

「高性能なオールラウンドスキー」

軽量さとパワーの伝達のしやすさで、操作性が良く、安定感もあるオールラウンドなスキーです。

チタンとカーボンによるパワー伝達、振動吸収や接雪面が大きくなる構造により、パワーをしっかり伝え、どんな地形にも対応できるオールラウンドさが魅力です。

ATOMIC(アトミック) REDSTER G9i + X12

サイズ:170cm、165cm カラー:ブラック

SuperSportsXEBIOで見る楽天市場で見る

「レースにも対応したオールラウンドスキー」

大きなターンや長いターンを可能にするバランスや柔軟性があるため、初心者や中級者におすすめのスキーです。

オールラウンドの性能とレースにも適した安定性、敏捷性もあるため、様々なスキースタイルに対応できる点も魅力です。

HEAD(ヘッド) V-SHAPE

サイズ:165cm

SuperSportsXEBIOで見る楽天市場で見る

「幅広い対象に合ったオールラウンドスキー」

初心者にも扱いやすく、スピードコントロールもしやすいため、安全に上達していくことができます。

オールマウンテンスキーにおすすめの板3選

OGASAKA(オガサカ) KS-RX + FM-600

サイズ:165cm、170cm カラー:レッド

SuperSportsXEBIOで見る楽天市場で見る

「どんな雪質でも自在なターンができるスキー」

ターン性能にこだわったオールマウンテンスキーです。特殊な構造でスキーの柔軟性をあげ、ターンでのスピードの維持や雪質、ゲレンデコンディションにとらわれない安定感を実現しています。自在で滑らかなターンでマウンテンスキーを楽しみましょう。

ROSSIGNOL(ロシニョール) DEMO BETA

サイズ:165cm、170cm

SuperSportsXEBIOで見る楽天市場で見る

「操作性バツグンのオールマウンテンスキー」

スムーズなターンが的確にでき、操作性が抜群で、様々なゲレンデに対応できるスキーです。イージーロッカー構造のため、トップとテールが沿っていて、パウダースノーにも圧雪にも対応できる万能さが魅力です。

SALOMON(サロモン) CF + XT10

サイズ:160cm、170cm カラー:ブラック

SuperSportsXEBIOで見る楽天市場で見る

「どんな地形も高パフォーマンスが可能なスキー」

軽量さとコントロール性を重視した素材を使用しているため、様々なゲレンデに対応することができます。

パウダーや圧雪に対応したロッカー構造で、パワーの伝達機能も高いため、コンディションに関わらずパフォーマンスを発揮することができます。

フリーライドスキーにおすすめの板3選

K2(ケイツー) WAYBACK 74

サイズ:155cm,160cm,165cm、175cm

SuperSportsXEBIOで見る楽天市場で見る

「軽快なターンでパウダーや圧雪を攻略できるスキー」

適度なスキーのウエスト幅によって、安定性を損なわず、力を均一に伝えるため、様々なコンディションに対応できるパワーをもたらします。

フリーライドの醍醐味でもあるコース外のパウダーやコブなどあらゆる地形、雪質を攻略できるフリーライドスキーです。

ARMADA(アルマダ) 18 JJ ZERO 2.0

サイズ:175cm

SuperSportsXEBIOで見る楽天市場で見る

「バックカントリーもハーフパイプも対応したスキー」

深い雪でも沈まないボディで、コース外のバックカントリーやパウダースノーのコンディションでも自在滑ることができます。

またトップとテールの形状が同じで、柔軟性があり、ハーフパイプに後ろ向きで入ることもでき、エアーやトリックにも挑戦しやすいスキーです。地上でのグラトリにも十分挑戦できるモデルです。

VOLKL(フォルクル) ALLEY

サイズ:160cm、170cm、180cm

SuperSportsXEBIOで見る楽天市場で見る

「反発力がトリック向きのフリーライドスキー」

初心者にも扱い性能も兼ね備えたフリーライドスキーで、軽さや動きに対応できる柔軟性、反発の良さがエアートリック、グラトリの両方に最適です。

フリーライド初心者の方におすすめしたいエントリーモデルのフリーライドスキーです。

レーシングスキーにおすすめの板3選

HEAD(ヘッド) V-SHAPE

サイズ:155cm、160cm、165cm

SuperSportsXEBIOで見る楽天市場で見る

「完璧なバランスとスピードが魅力のレーシングスキー」

競技用に作られたHEADのスキーは軽量ながら力強く、バランスを追求した性能が魅力です。グラフィンと呼ばれる強化素材の力強さがスピードにも影響し、競技にぴったりのバランスとスピードを兼ね備えたモデルになっています。

SALOMON(サロモン) S/MAX

サイズ:160cm、165cm カラー:ネイビー

SuperSportsXEBIOで見る楽天市場で見る

「ショートターンのしやすさと操作性を両立したスキー」

ミドルターン、ショートターンに適したスキーで、レースに適したモデルです。速度域は中速域のため、操作性もあります。レーシングスキー初心者のエントリーモデルとして最適です。

OGASAKA(オガサカ) KS-LD/RD

サイズ:160cm、165cm、170cm

SuperSportsXEBIOで見る楽天市場で見る

「ターン自在なレーシングスキー」

レーシングスキーながら操作性、安定感もあるため、レーシングスキー初心者にもおすすめです。身体の動きに素早く反応しショートターンがとても軽快です。

ショートターンだけでなく、ミドルターン、大回りも得意で、様々なタイプのレースに対応できるでしょう。

合わせて購入しておいた方が良いもの

スキー板だけでなく、スキーに合わせてケースやストック、ブーツも揃えましょう。収納だけでなく、スキーを楽しむ上で欠かせない道具ですので、どのようなものがあるのかチェックが欠かせません。

スキー板用ケース

スキー板は専用のケースに入れて収納するようにしましょう。

そのままでスキー板を置いておくとスキー板が傷ついてしまうだけでなく、立てかけて置く壁なども傷つけてしまいます。車などで持ち運ぶ場面も多いので、ケースがあると持ち運びにも便利です。

自分の体にあったストック

自分の体に合ったストックがあると、リズムよくターンができ、よりスキーの楽しさを感じることができます。

ストックの長さの目安としては、身長x0.67cmと言われ、ストックをついて肘が90度になる長さがベストです。

素材によって、重さが違い、使いやすさも変わります。最軽量のカーボン、安価で使いやすいアルミがあるので、技術や予算に合わせて選んでみましょう。

板と揃えるブーツ

ブーツもスキー板に接する部分のためとても重要です。フィット感が重要で、靴の中で足がこすれたり、当たっていたりすると快適なスキーはできません。

またフィットしていないと力が入りにくく、スキーの操作性にも影響を及ぼします。

ブーツを締めるバックルやブーツの硬さなどもしっかりチェックして、ピッタリフィットするブーツを選びましょう。

スキーに必要なアイテム3選

SALOMON(サロモン) ORIGINAL 1P

素材:ポリエステル
サイズ:190x32cm

SuperSportsXEBIOで見るAmazonで見る楽天市場で見る

「丸めて持ち運びが楽」

190cmまでのスキー板に対応しているケースで、それよりも短いスキーももちろん入るため、ほとんどのスキーを収納することができます。

ATOMIC(アトミック) 19 REDSTER WORLD CUP

サイズ:24.5~27.5cm カラー:ブラックxレッド

SuperSportsXEBIOで見るAmazonで見る楽天市場で見る

「ダイレクトに力を伝えるオールラウンドスキーブーツ」

初心者や中級者におすすめのスキーブーツです。バックルが薄く密着して固定できるため、ボリュームをおさえたスタイリッシュなフォルムになっています。ダイレクトに足の力を伝えることができ、快適なスキーを楽しむことができます。

LEKI(レキ) SAPHIR WHT

サイズ:フリー

SuperSportsXEBIOで見るAmazonで見る楽天市場で見る

「安全で扱いやすいストラップ調整可能ストック」

レキは世界的にも有名なポール専門メーカーで、様々なスキースタイルに対応できる性能が魅力です。安全性と操作性を両立し、ストラップの調整によってスタイルに合わせた使用が可能です。

編集部からのヒトコト

スキー板に複数のタイプがあり、選び方にも自分の体形やどのようにスキーを楽しみたいかなどによって見るべき部分が多くあります。

スキーと合わせて揃えたいアイテムも同様にチェックが必要です。スキー板の特徴や選び方、おすすめスキー板を参考に自分に合ったスキー板を選んで、スキーライフを存分に楽しみましょう。

【関連記事】

人気記事ランキング

今月のイチオシ

PR
PR
ページトップへ