ホーム > スポットニュース > 水泳・プール > 神奈川県プールまとめ【2018年】思い切り遊べる屋外プールから破格の室内プールまで16選

神奈川県プールまとめ【2018年】思い切り遊べる屋外プールから破格の室内プールまで16選

2018年08月14日
twitter
facebook
はてなブックマーク

今回は神奈川県にある室内プールの中から、特におすすめの施設をピックアップ。格安で利用できるものから、駅まで徒歩圏内のプール、ウォータースライダーを完備したレジャープールまで、厳選20施設をご紹介します!

目次
  1. 神奈川県のプールを用途別にご紹介!
    1. 赤ちゃんと一緒にプールに行きたいファミリーへ
    2. 子ども連れでプールに行くなら要チェック!
    3. 話題のナイトプールでおしゃれに楽しみたい女子へ
    4. 年中泳ぎたい人におすすめのプールまとめ
    5. スライダー好き必見!厳選プールをご紹介
    6. オリンピックで注目のトライアスロンにチャレンジしてみる?
  2. 【横浜市】のおすすめプール
    1. 【室内】50mも完備!国際規模の室内プールが個人利用できる!「横浜国際プール」
    2. 【室内】流れるプールや温泉で、1日中楽しい!「高齢者保養研修施設ふれーゆ」
    3. 【室内】22種類のプールが一度に楽しめる!「日産ウォーターパーク」
    4. 【室内・屋外】夏季は屋外プールも楽しめる穴場「旭プール」
    5. 【屋外】大きな流れるプールが魅力!「横浜プールセンター」
    6. 【屋外】7種類のプールと屋根付き休憩所で一日中遊べる「こどもの国 屋外プール」
    7. 【屋外】赤ちゃん用ビニールプールならおむつの子も遊べる!「野庭中央公園プール」
  3. 【川崎市】のおすすめプール
    1. 【室内】室内プールなのに開放感満載!スライダーやジャグジーを完備「ヨネッティー王禅寺 温水プール」
    2. 【室内】1時間220円!手軽さが魅力の室内プール「ヨネッティー堤根温水プール」
  4. 【相模原市】のおすすめプール
    1. 【室内】無料駐車場完備!プールのバリエーションが豊富「相模原市民健康文化センター」
    2. 【室内】金曜は22時半まで!飛び込みプールや50mプールを完備「さがみはらグリーンプール」
    3. 【室内】1日遊んでリフレッシュ!施設充実のレジャー系室内プール「LCA国際小学校北の丘センター」
    4. 【屋外】広々プールと絶景スライダーでファミリーに人気!「こだま(小倉)プール」
  5. 【横須賀市】のおすすめプール
    1. 【室内】横須賀駅から徒歩5分!室内プールはアフター5にも最適「横須賀市健康増進センター すこやかん」
    2. 【室内】室内プールやお風呂が使い放題300円!水がきれいでママも安心「石名坂温水プール」
  6. 【藤沢市】のおすすめプール
    1. 【屋外】大小6つのプールでたくさん遊べる!「県立辻堂海浜公園ジャンボプール」
  7. 準備万端でいこう!プール前に用意しておきたい最低限のグッズ
    1. 【必須グッズ】
    2. 【フィットネス目的の場合】
    3. 【レジャー目的の場合】
  8. 水着は目的によって変える
  9. フィットネスにおすすめの水着3選(女性編)
  10. フィットネスにおすすめの水着3選(男性編)
  11. レジャーでもスイムキャップは必要
  12. 仕事帰りに便利なウォータープルーフポーチ
  13. 本格的に泳ぐなら耳栓&ノーズクリップが便利!
  14. 場所によっては浮き輪も使える!
  15. スマホを持ち込みたいなら防水ケースが必需品
  16. 編集部からヒトコト

神奈川県のプールを用途別にご紹介!

家族や友達、恋人、一人で・・・などプールへ一緒に行く人によって、選ぶ施設も変わってきますよね。そこで、用途別におすすめプールをまとめました。ブックマークしておくと便利ですよ。

赤ちゃんと一緒にプールに行きたいファミリーへ

赤ちゃんとプールを楽しめる!首都圏のプール54施設一挙掲載!

子ども連れでプールに行くなら要チェック!

東京・千葉・神奈川・埼玉で子どもが入れるプール、全196件一挙ご紹介!

話題のナイトプールでおしゃれに楽しみたい女子へ

ナイトプール神奈川おすすめ5選【2018年最新】

年中泳ぎたい人におすすめのプールまとめ

雨も冬も関係なし!神奈川県の1年中泳げる温水プール8選

スライダー好き必見!厳選プールをご紹介

首都圏プールの「スゴすぎる」ウォータースライダー6選【東京・神奈川・埼玉・千葉】

オリンピックで注目のトライアスロンにチャレンジしてみる?

トライアスロンのスイム練習が捗る。東京・神奈川の50mプール6選

【横浜市】のおすすめプール

【室内】50mも完備!国際規模の室内プールが個人利用できる!「横浜国際プール」

「横浜国際プール」は、国内でも屈指の規模を誇る水泳場。50m×10レーンのメインプールの他、同様に50mレーンが完備されたサブプール、シンクロナイズドスイミングにも利用できるダイビングプール、テニスコート、各種スポーツが楽しめるアリーナなどが設置されています。

国際大会の会場としても使用されるほどの本格的施設は、アスリートのみならず、一般にも開放。2時間700円で利用が可能です。

横浜市営地下鉄グリーンライン「北山田」駅より徒歩5分。アクセスも問題ありません。

【室内】流れるプールや温泉で、1日中楽しい!「高齢者保養研修施設ふれーゆ」

「高齢者保養研修施設ふれーゆ」は、年中使える温水プールの他、温浴施設や多目的スタジオ、植物園が設置された複合施設です。

25m×6レーンに加えて、流波プール、子どもプール、クアプール、ジャグジープールなどバリエーション豊かなプールを完備。2時間500円。大浴場とセットでも800円で利用が可能です。

レストランなど休憩できるスペースも多数設けられているため、1日中楽しめます。

【室内】22種類のプールが一度に楽しめる!「日産ウォーターパーク」

日産スタジアムをはじめ、ランニングや野球、スケートボードまで、様々なスポーツが本格規模で楽しめる総合スポーツ公園「新横浜公園」には、年中利用できる室内温水プール「日産ウォーターパーク」があります。

ウォータースライダーや流水プール、幼児プールが用意されたアクアゾーンと豊富なリラクゼーションプールが楽しめるバーデゾーンの2つに分かれており、施設内でみると合計22種類のプールが一度に楽しめます。

豪華な施設が1時間500円で利用可能。JR横浜線「小机」駅より 徒歩9分です。

【室内・屋外】夏季は屋外プールも楽しめる穴場「旭プール」

横浜市旭区にあり、室内プールだけでなく夏季限定で屋外プールも楽しめるプールです。
屋内プールは25m×7レーンのプール、浮き輪の利用ができる児童プール、すべり台つきの幼児プールがあります。さらに屋外プールには、50m×9コースもある大きいプールの他、すべり台つきで浮き輪が利用できる児童用プール、深さ40cmの幼児プールとどちらも充実の内容です!

入場料金は大人400円、子ども100円と破格! しかも時間は無制限。旭プールでは子どもから大人まで対象の水泳教室なども実施されているので、水泳を習いたい人にも嬉しい施設です。
相鉄本線「西谷」駅より徒歩20分。バスだと「福寿荘前」下車、徒歩1分です。

旭プール

【屋外】大きな流れるプールが魅力!「横浜プールセンター」

横浜市磯子区にある夏季限定の「横浜プールセンター」。JR根岸線「根岸」駅から徒歩7分とマイカーがない家族でも訪れやすい大型屋外プールです。

一番人気のプールは、1周360mもある流水大プール。すべり台つきの児童プールや水深30cmと浅めの幼児プールといった子どもたちも安心して遊べるプールも完備。なお、オムツのとれていない赤ちゃんは入場は可能ですが、プールへの入水は不可となっているのでご注意を。施設内では更衣室やロッカー、レストランなどが利用できます。

料金は大人1回800円、子どもは200円と屋外レジャープールなのにリーズナブルです。

横浜プールセンター

【屋外】7種類のプールと屋根付き休憩所で一日中遊べる「こどもの国 屋外プール」

横浜市青葉区にある「こどもの国」は、多摩丘陵の自然を満喫できる広大な遊び場として大人気! 夏は期間限定で「屋外プール」がオープン。

子どもたちが大好きなスライダーは2種類の長さのチューブスライダーの他、長さ22mの滑り台が2本あり、小さな子ども向けの浅いプールや、しっかり泳げる水深1mの広々としたプール、噴水プールなど全部でプールは7つも。また、大きな屋根付きの休憩所があるので、日差しが強い日でも1日中楽しめます! 

入場料は大人が600円ですが、別途入園料が必要です。入場料と入園料がセットで100円割引になる「プールセット券」などお得なチケットも!

こどもの国

【屋外】赤ちゃん用ビニールプールならおむつの子も遊べる!「野庭中央公園プール」

横浜市港南区にある屋外プール。市営バス「深田橋」駅より徒歩5分で、野庭中央公園の南側にあります。25mプールが1つと深さ45~55cmの子ども用プールがあり、それぞれで料金がかかりますが、1時間130円のセット券を購入すると両方の利用が可能。オムツの取れていない乳幼児はこの2つのプールへ入水できませんが、ビニールプールが用意されていて、こちらで水遊びを楽しめます。

野庭中央公園プール公式サイト

パドルビー ドーナツフロート(ストロベリー)

サイズ:直径60~120cm

レジャー目的でプールをお探しなら、浮き輪の準備は忘れちゃいけませんよね。アメリカンサイズの大きな浮き輪はいかがでしょうか? パクッとかじった跡がかわいらいいドーナツ型のフロート。大人も使える直径120センチのビッグサイズから60センチのキッズサイズまでサイズ展開は幅広いです。120センチは取っ手の付いたタイプもあります。

Amazonで見る 楽天市場で見る

【川崎市】のおすすめプール

【室内】室内プールなのに開放感満載!スライダーやジャグジーを完備「ヨネッティー王禅寺 温水プール」

室内プールでありながらも、開放的な雰囲気が魅力の「ヨネッティー王禅寺 温水プール」。隣接する王禅寺処理センターの余熱を再利用し、年中利用できる温水プールとして営業が行われています。

施設内には、流水プールやウォータースライダー、ジャグジープール、幼児プールなどレジャー系の施設を多数完備。トレーニングに利用できる25m×5レーンや冷えた体を暖められる採暖室も用意されています。

1回の利用は1時間330円。駅からは距離があるため、車での利用がおすすめです。

【室内】1時間220円!手軽さが魅力の室内プール「ヨネッティー堤根温水プール」

各線「八丁綴」駅から徒歩約9分に「ヨネッティー堤根温水プール」があります。

プールの施設内容は、25m×5レーンと幼児プール。浮き輪の利用が可能です。また、水・お茶・スポーツドリンク(ペットボトル)に限って、飲み物の持ち込みが可能。1時間220円で利用できる格安施設です。

別館として、60歳以上の方が利用できる無料休養施設もあります。

【相模原市】のおすすめプール

【室内】無料駐車場完備!プールのバリエーションが豊富「相模原市民健康文化センター」

2015年11月より営業を再開した「相模原市民健康文化センター」温水プールの魅力は、その施設の充実っぷり。

25mプールの他にも、ループ式のスライダー1基にジャグジー、幼児用スライダー付の幼児プール、採暖室など大人から子どもまで楽しめるプールが多数用意されています。利用料金は1回500円で、いくらでも利用が可能。7月1日から8月31日までの夏季は2時間を過ぎると超過料金がかかります。

泡沫湯や超音波浴などが楽しめる浴室やカフェ・レストランも完備。ママに嬉しい授乳コーナーも設置されています。駐車場が無料という点も魅力的です。

【室内】金曜は22時半まで!飛び込みプールや50mプールを完備「さがみはらグリーンプール」

さがみはらグリーンプール

JR相模線「上溝」駅より徒歩10分の「さがみはらグリーンプール」は、飛び込みプールも完備した関東有数の本格的屋内水泳場です。

全国規模の水泳大会も開催できるほどの施設規模を誇り、50m×10レーンの他、飛び込みプール、25mプールが用意されています。料金は2時間500円。初心者向けの高飛び込みやシンクロナイズドスイミングの教室も開催されています。

金曜日の夜限定は22時30分まで営業(通常は21時30分)。相模原市内では、最も長く営業している施設になります。

【室内】1日遊んでリフレッシュ!施設充実のレジャー系室内プール「LCA国際小学校北の丘センター」

ウォータースライダーが完備されたレジャープール「LCA国際小学校北の丘センター」。室内に設置された温水プールとなっており、年間を通して泳ぐことができます。

ループ式のウォータースライダー2基に加えて、25m×5レーン、流水プール、幼児用プールを用意。1回500円、時間無制限で楽しむことができますが、7月1日から8月31日の夏季は2時間を過ぎると超過料金がかかります。

ジャグジーや低温サウナが用意された浴室やマッサージチェア付のリフレッシュルーム などリラクゼーションエリアも多く、休日レジャーにぴったりです。

最寄駅からは距離がありますが、大型の駐車場を完備しています。

【屋外】広々プールと絶景スライダーでファミリーに人気!「こだま(小倉)プール」

相模原市緑区にある夏季に利用できる屋外プール。緑豊かな自然の中にあり、ファミリーに人気です。

50mの広々としたプールでは泳ぎを思う存分楽しめます。また、上からの眺めが抜群の全長25mのスリル満点スライダーが2本あり、スライダーの左右には幼児プールが。おむつの取れていない子ども向けに無料でビニールプールの貸し出しもあります。

料金は大人390円とリーズナブルなので、夏の間に何度訪れてもお財布に優しいですね。アクセスはJR横浜線「橋本」駅北口からバス「小倉」下車徒歩3分です。

こだま(小倉)プール

【横須賀市】のおすすめプール

【室内】横須賀駅から徒歩5分!室内プールはアフター5にも最適「横須賀市健康増進センター すこやかん」

「横須賀市健康増進センター すこやかん」は、市内の複合施設・ウェルシティ市民プラザ内にあるスポーツ施設。JR横須賀線「横須賀」駅から徒歩5分という好立地が最大の魅力です。

プールの他、トレーニングルームやエアロビクスやヨガ教室が開催されるスタジオが設置されており、仕事帰りの軽い運動に最適です。

プールの内容は、25m×4レーンにリラクゼーションプール、アクアビクス専用プール。レジャーというよりは、健康維持のために使用される方が多い施設です。

【室内】室内プールやお風呂が使い放題300円!水がきれいでママも安心「石名坂温水プール」

「石名坂温水プール」は、2013年にリニューアルオープンを迎えたまだ新しい施設。水の安全性にこだわりを持っており、プールの水に殺菌力が強く、身体に安全な浄化システムを採用しています。

施設内容は25mプールに幼児プールと小規模ではありますが、料金は1回300円と破格。浴室や多目的ホールなど付帯施設は無料で利用できる(藤沢市在住・在勤・在学者のみ)お財布に優しい施設です。

小田急江ノ島線「藤沢本町」駅より徒歩8分。駐車場は2時間まで無料となっています。

【藤沢市】のおすすめプール

【屋外】大小6つのプールでたくさん遊べる!「県立辻堂海浜公園ジャンボプール」

藤沢市「辻堂海浜公園内」にある夏季限定屋外レジャープール。大小6つのプールがあり、メインは1周270mあってゆるやかな流れの流れるプール。さらに波の出るプールや、高さ10mのウォータースライダーなどバラエティ豊富。水深が浅い幼児プールなど小さい子ども向けもあり。

利用料金は大人830円。売店も多数あり食事に困りません。アクセスはJR東海道本線「辻堂」駅からバス「辻堂海浜公園前」「辻堂海浜公園入口」より徒歩1分。

県立辻堂海浜公園ジャンボプール

準備万端でいこう!プール前に用意しておきたい最低限のグッズ

水着や体を拭くタオルはもちろんですが、その他にもプールには用意しておきたいグッズが沢山あります。準備してあるか事前にチェックしておきましょう。

【必須グッズ】

・水着
・スイムキャップ
・水泳ゴーグル
・タオル
・ウォータープルーフポーチ

【フィットネス目的の場合】

・耳栓
・鼻栓

【レジャー目的の場合】

・浮き輪
・防水スマホケース(施設によって持ち込み不可)

水着は目的によって変える

最大のマストアイテムといえば水着です。基本は手持ちの水着で問題ありませんが、「遊びというよりはフィットネスが目的」という場合は、フィットネス水着がおすすめ。水中での軽い運動や水泳にぴったりのおすすめ水着を男女別に集めてみました。

フィットネスにおすすめの水着3選(女性編)

「遊びというよりダイエットが目的」という場合は、プールで着る水着の種類も変わってきます。平日の昼間にレジャースポットに着ていくような水着でプールに入るわけにも行かないですよね。ということで、水中での軽い運動や水泳にぴったりのフィットネス用水着を集めてみました。

Tahoe レディース ノースリーブ水着

サイズ:M~XL
カラー:2色

セパレート型フィットネス用水着。スイムキャップが付いているので、購入後、即温水プールに出かけられます。最大の魅力は2,000円台というリーズナブルな価格設定。鮮やかで高級感のあるデザインは安さを感じさせません。カラーはグレーとパープルの2色で展開。

Amazonで見る

lemode(ルモード) レディースフィットネスセパレート水着

サイズ:S~LL
カラー:4色

おしゃれで高品質なレディーススイムウェア。着脱しやすいセパレートタイプです。めくれ防止としてスナップとループタイプが付いており、水中での動きを制限されません。キャップ付の便利仕様。購入即プールにいけます。カラーは全4色。すべてブラックを基調としたシックなデザインです。

Amazonで見る

Tahoe 半袖フィットネス 水着

サイズ:M~XL
カラー:4色

肌の露出が少ない半袖ショートパンツタイプのフィットネス水着。体のラインを美しく見せる工夫が随所にちりばめられており、ダイエット中の気になる部分をカバーしてくれます。カラーは全4色。プール通いを始めやすいスイムキャップ付き。

Amazonで見る

もっと女性用水着がみたい方は以下の記事でご覧いただけます。

フィットネスで着られる!女性用のかわいい水着7選

フィットネスにおすすめの水着3選(男性編)

男性の方はさほど気にする必要もないと思いますが、あんまり派手すぎるものを着ていくのは気が引けるかもしれません。男性用のフィットネスをご紹介します。

Vocni(ワクニー) メンズ 水着 スイミング用品4点セット

内容:水着、水中ゴーグル、スイムキャップ、ノーズクリップ&耳栓、ポーチ
サイズ:L~4XL
カラー:6色

これさえあればすぐに泳げる、お得なプールセットです。プールでは必須のスイムキャップや水中ゴーグルなど4点が付いて価格は2,000円以内で購入できるリーズナブルさ。水着は薄手で伸縮性が高く、長時間履いてもストレスを感じにくいです。カラーは全6色。

Amazonで見る

VAXPOT(バックスポット) フィットネス水着

リーズナブルな価格が魅力。メンズ用フィットネス水着です。スパッツタイプなので泳ぎやすく、かつ競泳水着特有の締め付けが少ないので、初心者でも安心して着用できます。長めのウエスト丈は気になるおなか周りをカバー。カラーは全5色から選択可能です。

Amazonで見る 楽天市場で見る

Speedo(スピード) メンズ フィットネス用 水着

サイズ:M~XO
カラー:8色

ゆったりとした履き心地を好む人向けのフィットネス水着です。ぴったり感がないので、どんなシーンでも浮くことはありません。スパッツタイプやブーメランパンツはちょっと・・・という方におすすめです。カラーは全8色。

Amazonで見る 楽天市場で見る

もっと男性用水着がみたい方は以下の記事でご覧いただけます。

スポーツジムのプールで着る!男性用水着のタイプ別紹介と選び方

レジャーでもスイムキャップは必要

フィットネス目的の人は髪を一つにまとめるために必須のアイテム。レジャー目的であっても、衛生面の観点から着用が義務付けられている施設は多いので、用意しておくと良いでしょう。通気性の良いメッシュタイプ、防水性の高いシリコンタイプがあります。

POQSWIM スイムキャップ

サイズ:F

Amazonで見る

UNIQFUN(ユニクファン) スイミングゴーグル

素材:【アイカップ】ポリカーボネート【クッション、ベルト】シリコーンゴム
耳栓2個付き

Amazonで見る

SWANS(スワンズ) スイミングセームタオル

素材:ポリエステル85%、ナイロン15%
サイズ:80cm×150cm

SuperSportsXEBIOで見るAmazonで見る楽天市場で見る

もっとセームタオルを見たい方は以下の記事でご覧いただけます。

【セームタオル】お手入れ方法とおすすめランキングTOP10

仕事帰りに便利なウォータープルーフポーチ

フィットネス目的でとなると長期的に通うつもりの人がほとんどだと思いますが、そうなると仕事の帰りもプールに寄れたら効率的ですよね。防水効果のあるポーチがあれば、仕事用のカバンにもさっと忍ばせておけるので便利です。

ミズノ(MIZUNO)スイムグッズ ポーチ(中)

サイズ:幅15×奥行12×高さ24cm

SuperSportsXEBIOで見るAmazonで見る楽天市場で見る

本格的に泳ぐなら耳栓&ノーズクリップが便利!

フィットネスやトレーニング目的でガシガシ泳ぎたい人は耳栓や鼻栓(ノーズクリップ)があると耳や鼻に水が浸入しにくいので、トレーニングがはかどります。

スピード(Speedo) ノーズクリップ

素材:【フレーム】ナイロン【パッド】シリコーン

SuperSportsXEBIOで見るAmazonで見る楽天市場で見る

アリーナ(ARENA)スイム用耳栓

素材:シリコン

SuperSportsXEBIOで見るAmazonで見る楽天市場で見る

場所によっては浮き輪も使える!

ウォータースライダーが設置されているようなレジャー用プールでは浮き輪の使用が許可されている場合があります。お子さんを連れてプールに遊びに行くなら浮き輪があるとより楽しめます。

インテックス(INTEX)ホワイトドーナッツ

サイズ:(約)114cm

SuperSportsXEBIOで見る

スマホを持ち込みたいなら防水ケースが必需品

レジャーを目的とする場合はスマホを持ち込みたい人もいることでしょう。施設によっては持込が制限されている場合がありますが、使用が許可されている場合もあります。防水のスマホケースを用意しておけば、濡れる心配がないため、安心です。

防水ケース フロートセーバー

対応サイズ:5~6インチ

SuperSportsXEBIOで見る楽天市場で見る

編集部からヒトコト

いかがでしたでしょうか。年中楽しめてしっかり遊べて運動ができるプール。室内と屋外それぞれに楽しみがありますので、ぜひどちらもお出かけください!

【関連記事】

【PR】プールの必需品ならゼビオ

人気記事ランキング

今月のイチオシ

PR
PR
ページトップへ