ホーム > スポットニュース > 陸上・ランニング・マラソン > ピストとは?ピストバイク好きが失敗しない選び方やおすすめを解説!

ピストとは?ピストバイク好きが失敗しない選び方やおすすめを解説!

2018年04月19日
twitter
facebook
はてなブックマーク

皆さんはピストバイクという自転車をご存知ですか?なんとなく形がカッコいいスポーツ用の自転車だけど、自転車なんてどれも一緒じゃないの?なんて思っていませんか?今回はピストバイクの魅力と、選び方をお伝えしていきます。

ほかとは違うピストバイクの魅力!

ピストバイクの『ピスト』とは?

本来はフランス語で『piste』と呼ばれており、自転車用競技場やそのトラックのことをさしていました。

現在日本で『ピストバイク』と呼ばれている自転車は競技場で使われていた自転車の中でも、トラックレーサー、固定ギアのものを呼ぶようになりました。

ピストバイクって?

そもそもピストバイクとは、トラックレーサーとも呼ばれ、競輪などに使われる競技用の自転車です。競技用の自転車で形が似ているものとしてロードレーサーが挙げられますが、全く似て非なるものだと思ってください。

他の自転車とどこが違う?

ピストの大きな特徴として挙げられるのは、なんといっても固定ギアでしょう。他の種類の自転車は必ず、前に漕ぐと走り出し、足を止めても車輪が空転できる構造のため、後ろに向かって漕ぐことはできません。ピストは足の回転と車輪の回転が固定されているため、後ろに漕ぐと後ろに進むことができます。ブレーキを使わず、足の動きだけで自転車をストップさせることも可能です。逆にいうと、下り坂でも他の自転車と違って、進んでいる以上は足の回転を止められない、ということになります。

競技用のピストにはブレーキそのものが無いのも特徴的です。ただしあくまで競技に使うための仕様であって、公道で走る際にはブレーキを付けている必要があります。

ピストバイクにビンディングがない理由

ピスト乗りは皆、ペダルにはトゥクリップ、もしくはペダルストラップを使用しています。ビンディングが無い訳ではなく、付けようと思えばピストバイクにもビンディングペダルを装着することは可能です。競技としてロードバイクを使う人にとって当たり前となっているビンディングですが、ピストに関してはビンディングが選ばれることはほとんどないのはなぜでしょうか。

もとは競輪が発祥だから

競輪の世界では、足の回転=車輪の回転、車輪の回転が早い人=競輪で強い人になります。シングル固定ギアで変速が無く、自転車の機能でも勝負が変化するロードバイクの世界とは違います。足をガチガチにペダルに固定して、少しでも力のロスを少なくして、足の力をダイレクトに車輪に伝えるためには、ビンディングの結合強度では足りない、というのが競輪競技の世界なのです。

また競技に使うコースを、ビンディングのクリートで傷つけてしまうのを防ぐという意味もあります。

メッセンジャーが普及のカギ

構造がシンプルで壊れにくく、メンテナンス性も高いため、ピストはメッセンジャーが好んで使用します。メッセンジャーはその仕事の特性上、自転車で荷物を運ぶため、相手に届け物を渡す際には自転車を降りる必要があります。そして素早く自転車に乗って次の届け先に向かうことになるため、乗り降りが多いのです。仕事柄自転車を降りた時にも動きやすいように普通のシューズを履くため、ビンディングとは相性が悪いということがわかります。

オシャレに気を使いたい

サイクルジャージを着込んでヘルメットをかぶり、ビンディングシューズでバッチリ「スポーツマンですよ」と主張するように乗られるロードバイクとは対照的に、単純にピストはオシャレに自転車を乗る人向けだとも言えます。

ヘルメットもかぶらず服装は普段着で、それに合わせるようにクラシックな雰囲気のピストに乗るためには、靴はやはりスニーカーが似合うでしょう。

おすすめのピストバイクを紹介!!

ANIMATO(アニマート)  PHANTOM

ホイールサイズ:700C
タイヤサイズ:700×25C

低価格で高品質なピストバイク。個性のでる3スポークとブルホーンでサイクリング中の気分も高まります!

Amazonで見る

LEADER BIKES (リーダーバイク) 721TR 2017

サイズ : (XS) 158cm~165cm
(S)163cm~173cm
(M) 168cm~178cm
(L) 175cm~185cm
(XL) 180cm~

人気のエントリーモデルの新バージョン。

Amazonで見る

CARTEL BIKES (カーテルバイク) AVENUE LO

サイズ: 50cm, 54cm, 58cm

特徴的な1インチクロモリパイプと魅力的なシルエットは、街中でも目立つこと間違いなし!

Amazonで見る

ピストバイクを乗る際の注意点!

オシャレでかつストイックなイメージのピストに魅力を感じ、購入を検討される方も、乗る際には注意しなければならない点があります。

ペダルから足が抜けない

トゥクリップを使用する場合、ペダルのつま先側にあたる部分に、「つ」の字の形のクリップを取り付け、そのクリップにつま先を突っ込むようにして漕ぐ形になります。そしてそのクリップ部分にベルトを通し、足の甲部分に巻いてペダルに固定します。この時ベルトを締めすぎると、いざ止まる時にペダルから足を離そうとしてもクリップから足が抜けず、そのまま転倒してしまいます。必要以上にベルトを締めすぎないようにし、クリップから足を抜けるようにしておきましょう。ペダルストラップの方が足の抜き差しの難易度は低いので、ピストに慣れないうちはペダルストラップを使用すると良いでしょう。

停止時にペダルの位置を変えづらい

普通の自転車では、信号などで停車してから次に漕ぎ出すまでに、片足でペダルをくるっと回して力を入れやすい位置に移動させると思います。ピストの場合は車輪とペダルが連動しているため、同じような動作はできません。止まる際に丁度いいペダルの位置を意識して止まるか、片手で車体を持ち上げて後輪を浮かせ、後輪と一緒にペダルの位置を動かす必要があります。何度も止まることになる街中では地味に面倒な作業になります。

カーブでペダルが地面に当たる

長めのカーブを曲がる時、自転車はカーブの内側に向かって自然に傾きます。普通の自転車では、カーブの内側のペダルが上になるように足を停止させて惰性の力で走るかと思います。ピストでは直進だろうとカーブだろうとペダルは回し続けなければならないため、車体が傾いた側のペダルが地面に当たり、コントロールを失うことになるので注意しましょう。なるべく車体が傾かないように、カーブでは充分にスピードを落として走行する必要があります。

ピストバイクを乗るメリット3選

ではピストに乗ることで得られるメリットをいくつか見ていきます。

メリット1疲れにくい上に速い

先述したようにペダルの回転と車輪の回転が連動しているので、脚の力がダイレクトに自転車に伝わり、自転車と一体となって走れる感覚を味わえます。最初のひと踏みこそ重く感じますが、一度ペダルが回ってしまえば車輪の回転に釣られて脚も回るようになります。脚を止められないため疲れやすいのでは、とよく言われますが、漕げば漕いだだけ進み、無駄な力のロスがないため意外と疲れにくいです。

メリット2オシャレ

ロードバイクのカスタムパーツは機能性を重視したものが多いですが、ピストは自転車の中でも最も構造が単純であるがゆえに、カスタムパーツは素人でも交換が容易で、カジュアルなものが多くなっています。カラフルなグリップやブレーキワイヤー、サドル、チェーンまでも色付きのものが用意されています。全部服と同じ色で合わせてコーディネートしたり、バラバラな色で奇抜なバイクを作ることができるのも、ピストならではの特徴です。

メリット3自転車整備の基礎を学べる

構造が単純でカスタム難度が低いということは、いざ故障した時にも修理が簡単であるとも言えます。パンク修理やタイヤ交換、チェーンの調整など、自転車の基本構造の集大成といえるバイクであるため、基礎を学ぶにはうってつけです。まずはピストに乗ってメンテナンスの基本を押さえておけば、クロスバイクやロードバイクに乗ったっ時にも応用が効きます。

盗難に遭いやすいピストバイクの予防方法3選

残念ながらピストバイクのようなスポーツバイクは、普通の自転車よりも盗難被害に逢いやすくなっています。できれば自宅保管の際は、自転車のコンディションを保つことも含めて室内保管がベストです。どうしても出先や、家が狭く外で管理しなければならない場合は、長めのチェーンロックを使って車輪と車体全体を巻いた上で、固定物(柱やフェンス等)に括り付けるようにロックすると良いでしょう。

遠隔ロックもできる? さまざまな施錠

・U字ロック

自転車の施錠アイテムの中でも、特に頑丈であることが特徴です。ワイヤーロックなどでは細く、施錠していてもそれなりの道具があれば切られてしまうところを、U字ロックは極めて太く頑丈な金属でそう簡単には切断できないモデルもあります。

・チェーンロック

U字ロックに比べると細いものが多いですが、その長さによって、使い勝手が良いことが特徴です。収納時にはスケールのようにコンパクトにまとまっていて、使用するときは巻いてあるチェーン部分を引っ張り出すことができ、先述のように自転車全体を保護する長さを持っています。チェーン部分が2mほどあれば、前後の車輪ごとロックできます。

・ハイテクな施錠道具

最近ではスマートロックと呼ばれる自転車の施錠方法が存在します。スマートフォンとBluetoothで連携することで、ワンタッチでロックしたり、スマホを近づけるだけでロック解除できるような技術もあります。またモデルによってはロックされた状態で盗難者がカギを外そうとするとアラームが鳴る上、その情報がスマホにアラートメッセージが送られてくるタイプもあります。

防犯登録は必ず登録するように!

ピストバイクに限ったことではないですが、公道を走るためには防犯登録が必要です。盗難防止の意味ももちろんですが、登録をすることによってその自転車が自分のものであることの証明になります。登録していない自転車に乗っていると、巡回中の警察官に呼び止められて自転車の持ち主を調べられた際に、登録者不在の自転車ということになり、本当に自分のものなのに盗難車だと疑われてしまいます。そのまま家族に連絡が行ったり、長時間拘束されてしまうことになるので、無駄に疑われないためにも必ず防犯登録はしておきましょう。ネットで購入した自転車でも、近くの自転車屋で登録できます。

世界で開催されている危険なレース『RED HOOK CRIT』とは?

RED HOOK CRIT(レッド・フック・クリット)というレースをご存知でしょうか。このレースは近年海外で話題になっている自転車レースで、ピストバイクを用いたものとなっています。日本からも参加者が出てくるようにもなり、日本でもこのレースに似せたレースが開催されるようになってきた比較的新しい競技です。同じコースを何週か走行し、順位を争うといういたってシンプルなルールです。

『RED HOOK CRIT』の沿革

もとはアメリカ発祥で、一人の青年が路上で勝手にレースを始めたことが起源になっています。そのアンダーグラウンドでのレースにはメッセンジャーなどが参加するようになり、次第に口コミで広がっていきました。どんどん規模を拡大し、今では路上ではなくイベントとして世界各地で行われるようになり、スポンサーも付くようになりました。

見どころポイント

シングル固定ギアのピストが使用されますが、日本の競輪と違って、クロモリフレームではなく、ロード用のアルミやカーボンを使ったエアロフレームが採用された自転車を使用します。ハンドルもロード用ですがブレーキはなし、というように既存のどの競技でも見ることのできない特異な形状の自転車を見ることができます。そして脚を止めることのできない固定ギアで、隣の選手と数cmしか離れていない状況で時速50km前後でカーブに突入していく、という緊迫したレースを、いつクラッシュするかもわからない状況で、観客たちはフェンス越しに間近で見ることができるというスリリングなスポーツです。選手も観客も危険と隣り合わせで白熱したレースを共有できる点が、熱狂的なファンを増やした要因にもなっていることでしょう。

グッズ紹介

RED HOOK CRITのトレードマークである赤い鉤のロゴの入ったグッズが人気を博しています。ロードレースのようにチーム別で統一したカラーのサイクルジャージや、ヘルメット下にかぶるサイクルキャップ、ドリンクボトルに至るまで、それぞれがとてもセンスの良いオシャレなアイテムに仕上がっています。

ピストバイクで通勤・通学の際に役立つグッズ5選

エリート ボトル保冷 NANOGEL THERMAL4H500

◆容量:500ml
●クロアチア製

サイクリング中に水分補給がしやすく、プル式のスポーツボトルです。

SuperSportsXEBIOで見る楽天市場で見る

エリート ボトルゲイジ VICO CARBON

●イタリア製

ボトルをフレームに取り付けるための器具で、これならリュックなどにボトルを収納しなくても取り出しやすい。

SuperSportsXEBIOで見るAmazonで見る楽天市場で見る

ケーブルロック キータイプ BAUHAUS UL-Y10-04

◆素材:ABS/PVC/Steel/Zinc
◆サイズ:10mm×150cm
●中国製

サドルに取り付けることが出来、持ち運びもラクで簡単に施錠できるケーブルロックタイプ。

SuperSportsXEBIOで見る

METEOR-X AUTO ヘッドライト LT-MO-123

◆重さ:85%
●【Mode1】320ルーメン/5200カンデラ/点灯時間2:00 【Mode2】180ルーメン/3000カンデラ/点灯時間4:00 【Mode3】100ルーメン/1600カンデラ/点灯時間7:00
●【点滅1】60ルーメン/点灯時間20:00 【点滅2】200ルーメン/点灯時間18:00 【昼間点滅】450ルーメン/点灯時間57:00 【SOS 点滅】点灯時間24:00

カチッとはめるだけの整備不要のライト。電池の交換なども簡単です。

SuperSportsXEBIOで見る

KTV DRIVE REAR 57-3504120106 RED ライト

◆MAX LUMENS:10LUMENS
◆WEIGHT:47g (シリコンストラップ別)
◆RECHARGE TIME:3hrs
◆COLOR:BLACK / WHITE / BLUE / RED
●MAX10LUMEN エアロピラー対応のUSB充電リアLEDライト
●エアロピラー対応のリヤモデルがバージョンアップ。
●3LUMEN/ 7時間45分のロングライフモードのグループライド・エコノミーモードを搭載。
●USBリチャージャブル充電ができ非常に経済的。
●ボディ下部のキャップを外すだけでケーブルレスでUSB充電が可能。
●最大13時間のバッテリーライフを実現。エアロピラーにも取付可能。
●ボディ全体がシリコンで覆われており、バイクを傷つけないだけでなく、落下の衝撃から本体を守り、防水性も大幅に向上。

夜間の走行に大活躍のレッドランプ。防水性も高いので、急な雨などでも安心です。

SuperSportsXEBIOで見るAmazonで見る

編集部からヒトコト

他の自転車とは違う、ピストバイクの魅力をお伝えしてきました。ピストをファッショナブルに乗りこなせば、他の人とは違った個性を演出できるので、オシャレさんにはオススメの自転車です。ピストの購入をお考えの方は、ぜひこの記事を読んで自分に合ったピストの楽しみ方を探してみては?

【関連記事】

人気記事ランキング

今月のイチオシ

PR
PR
ページトップへ