ホーム > スポットニュース > レジャースポーツ > 【乗鞍岳登山】各登山コースの魅力や登山ルートの紹介とおすすめアイテム5選!

【乗鞍岳登山】各登山コースの魅力や登山ルートの紹介とおすすめアイテム5選!

2018年06月28日
twitter
facebook
はてなブックマーク

乗鞍岳の魅力は、なんといても登山初心者でも体験できる3000m級の山です!

普通、3000mの山を登るとなると、片道6時間~10時間ほどの長時間の歩きや、1泊2日の行程の登山になってしまいます。

でも乗鞍岳なら片道1時間30分ほどの登りで、3000mの景色を眺めることができるのです!

『登山を始めてみたけれど、体力的に低山しか登れなくてつまらないな。』とか、『友達に山の素晴らしさを体験させたいけれど、しんどくなくて、素晴らしい眺望の山なんてないか・・・』と、思っている方にピッタリの山です!

きっと誰もが山の美しさと、登山の楽しさに魅了されるはずですよ。

乗鞍岳とは

乗鞍岳は、長野県と岐阜県にまたがり、3,026mの主峰「剣ヶ峰」をはじめとする23の峰に7つの湖、8つの平原からなる火山で、北アルプスの中の一つです。

古くから信仰の対象とされ、頂上には乗鞍神宮の奥宮が設けられています。3000m級の山というと、荒々しい岩だらけの道をヘトヘトになりながら登るのでは? 

と不安になりますが、乗鞍岳は整備されている登山道を、時折咲いているかわいい高山植物に癒されながら登ることができ、山頂に登ればその景色は緑に溢れ、なぜか優しい気持ちにさせてくれる山です。

乗鞍岳を登る魅力

3000m級にしては初心者でも登りやすい

標高は3,026mもあるのですが、他の3000m級の山に比べると比較的楽に登ることができる山と言えます。

その理由の一つとして、乗鞍岳の登山のスタートとなる畳平はすでに標高2,702mもあるからです。バスである程度の高さまで行けるので、畳平からは1時間30分ほどの歩きで頂上までいけます。登山のおいしいとこ取りといったところでしょうか。

高山植物に出会いながらの歩きと、森林限界を超えての岩場ばかりの登りもあり、途中には遠くに槍ヶ岳、穂高連邦などが望め、1時間30分の間に登山の楽しみが凝縮しています。

穏やかな風景と美しい登山道

畳平から肩の小屋までは、砂利で舗装されて、横幅も広いく歩きやすい道です。

肩の小屋をすぎると岩がゴロゴロした登山道になりますが、岩を掴んで歩くほどのところはなく、3000m級の山を体験するのにちょうど良い岩肌の道を登って行きます。

登山の途中には、登山をする人が憧れる北アルプスを眺めることができたり、かわいい高山植物に出会えたりと、疲れた気持ちを忘れるような美しい景色を眺めながらの登山道です。

ご来光を拝むこともできる

標高の高い山の上からのご来光を見てみたいと思ったら、頂上に近い山小屋に宿泊するか、富士山のように真夜中に登山をするなど、体力的にも登山行程を考えても大変です。

しかし乗鞍岳なら、夏の期間にご来光バスが運行されます。今年は2018年7月14日(土)~9月17日(月)の期間です。

乗鞍岳には、日本一標高の高いバス停(2716m)があり、そのバス停付近からご来光を眺めることができます。

おすすめはバス停から少し登って標高2800m付近の富士見岳や大黒岳の山頂からのご来光が最高です!

【乗鞍観光センター発 バス出発時刻】
・7月14日(土) ~ 7月22日(日) 3:30乗鞍観光センター発 - 4:20乗鞍山頂畳平着

・7月23日(月) ~ 8月31日(金) 3:40乗鞍観光センター発 - 4:30乗鞍山頂畳平着

・9月1日(土) ~ 9月17日(月) 4:10乗鞍観光センター発 - 5:00乗鞍山頂畳平着

※8月26日(日)は運休します
※戻りのバスの時刻は、当日バス乗務員さんが教えてくれます。
目安時間としては5:30~6:00頃

【料金】:片道1750円 往復2800円

ご来光バスが発車する乗鞍観光センターでは、バス待ちの時に空を見上げてみてください。その時間はまだ真っ暗で、星空も最高に綺麗ですよ。

三本滝

三本滝レストハウスの裏の登山口からスタートして20分ほど歩くと三本滝に到着します。三本滝は日本の滝百選の1つで、長野県の指定名勝にもなっています。

水源が異なる3つの沢が、別々の様相の滝となり1つ所に集まるので、3つの滝が一望できます。各滝の落差はおおよそ50~60mです。昔修験者が修行した場所としても伝えられています。

三本滝までの途中、ところどころ階段があります。雨が降ると滑りやすくなりますので気をつけて歩きましょう。

紅葉

9月中旬頃から10月上旬には三本滝から山頂にかけて美しい紅葉の景色を楽しむことができます。

位ヶ原山荘近辺の紅葉はとても見ごたえがあります。特に「コウノリサマ祭祀場」と呼ばれる見晴らしの良い場所から眺める紅葉の海と、槍・穂高の展望は格別です!

シーズン

3月、4月はまだ雪が積もっています。登山はアイゼン、ピッケルなど、冬山装備がないと登れません。したがって、初心者の方は登ってはいけません。

この時期は、6月くらいまで登山よりもバックカントリースキーのメッカとなっています。

4月の下旬から6月下旬まで、春山バスが運行され、雪の回廊を楽しむことができます。(5月下旬までは乗鞍観光センター~位ヶ原山荘まで、6月下旬からは肩の小屋口まで)1日5往復、往復2,500円です。

この頃もまだ雪が積もっているので登山をするには冬山装備が必要となります。

7月になるとやっと登山道の雪がなくなります。7月中旬~8月が乗鞍岳登山のおすすめのシーズンです。

8月の下旬には天候によっては寒くなってきますので、防寒用の服も準備していきましょう。

9月中旬から10月上旬が紅葉の見頃になります。この頃は寒くなっていますので、行動中も防寒用の服装が必要になることがあります。10月中旬はいつ雪が降ってもおかしくない気候です。

難易度

乗鞍岳は、登山初心者の方でも登ることができる山ですが、いろいろなルートがあるので、中級者の方も十分登山を満喫できます。

初級者の方向けのコースと、中級者の方向けの少し長い距離を歩くコースを後ほどご紹介します。

初めて登山をする方で、不安な方はガイドツアーもありますので、ツアーに参加するのもおすすめです。

乗鞍岳へのアクセス

畳平へのアクセスは、畳平へ向かう際に通る乗鞍スカイライン(岐阜側)と乗鞍エコーライン(長野側)はマイカー規制が行われており、シャトルバスに乗り換える必要があります。

長野県側(関東方面から)

長野自動車道「松本」IC―国道158号―県道84号―乗鞍高原・乗鞍観光センター

※松本ICを降りたら国道158号を西へ進み、奈川渡ダムを過ぎて前川渡交差点を左折、県道84号へ入って10kmほど進むと乗鞍観光センターへ到着。

距離約40km、所要時間約51分。乗鞍観光センターに駐車後、シャトルバスに乗り換え。

【シャトルバス】
乗鞍高原・観光センター前 ~ 畳平 (50分/片道1,450円・往復2,500円)

岐阜県側(関西方面から)

東海北陸自動車道「飛騨清見」IC―高山清見道路(無料)「高山」IC―国道41号―県道89号―国道158号―ほおのき平

※高山ICを降りたら国道41号を走り、冬頭町で左折。県道89号を進み、下切町で右折。そのまま沢沿いに進んで国道158号に入る。

距離約47km、所要時間約56分。ほおのき平に駐車後、シャトルバスに乗り換え。

【シャトルバス】

ほおのき平 ~ 畳平 (45分/片道1,270円・往復2,300円)

【乗鞍岳】登山ルートを紹介

初心者の方は畳平からの往復のコースをおすすめします。片道1時間30分ほどで、往復3時間で下山してくることができます。

登山の経験があり、体力もある方は、三本滝のほうからスタートすると、いろんな景色を見ることができ、登りごたえのある登山になるでしょう。

畳平~剣ヶ峰コース

登山時間:1時間25分
距離:2.5km

特徴

畳平から肩の小屋までは整備された広くて歩きやすい道です。見晴らしの良い中をハイキング気分で登ることができます。

肩の小屋からは、3000m級の山らしい岩の道になりますので、ゆっくり足元に注意しながら登りましょう。

登山のプラン例

畳平(10分)→県境広場(20分)→2,788m地点(5分)→肩ノ小屋(40分)→蚕玉岳(10分)→剣ヶ峰

乗鞍高原~乗鞍岳登頂コース

登山時間:約5時間40分
距離:約7.6km

特徴

乗鞍高原側からスタートするコースです。日本の滝百選に選ばれた名瀑「三本滝」を巡り、森の中を歩いていく、森林浴が心地良いコースです。

登山のプラン例

三本滝バス停(25分)→三本滝(30分)→三本滝分岐点(50分)→摩利支天バス停(50分)→冷泉小屋(30分)→位ヶ原山荘前バス停(1時間15分)→肩ノ小屋口バス停(30分)→肩ノ小屋(50分)→剣ヶ峰

【乗鞍岳】注意するポイント

乗鞍岳は登山初心者の方でも登れる3000mと山としてご案内してきましたが、気をぬいてケガなどしないように注意していただきたいです。

あくまでも登山ですので、しっかりした登山靴を履くことや、天気の変わりやすい山の天候に対応できる服装の準備は必要です。

3000mを超える山ですので、高山病にも注意しておきましょう。乗鞍岳登山において、注意するポイントをここで押さえておきますね。

登山届が必要

平成28年7月1日から、長野県の山々で登山計画書の提出が義務付けされました。乗鞍岳で義務付けされた登山道は、「鈴蘭橋登山道入り口」と「肩の小屋口」です。

先ほどご案内しました「乗鞍高原~乗鞍岳登頂コース」は、「肩の小屋口」を登るルートになりますので登山届が必要となります。

登山計画書提出場所

・Mt.乗鞍スキー場最下部にある黄色いポスト
(スキー場事務所がある「乗鞍ライジングサンホテル湯楽里」前)

・畳平バスターミナル内「乗鞍総合案内所」カウンター

服装や装備

夏山シーズンの7月中旬~8月でしたら、半袖でも大丈夫ですが、必ず上に羽織る長袖のシャツ、またはウインドブレーカーを持っていきましょう。

また、標高が高い山なので、天候は変わりやすいです。たとえ晴れ予報であっても、レインウェアは必ず持っていってください。

ご来光を見るのなら、防寒用にフリースやダウンも持っていきましょう。ニットの帽子と手袋もあると良いでしょう。

畳平はすでに森林限界の標高です。木陰はありませんので、帽子やサングラスも準備していきましょう。

足元はハイキングシューズでも大丈夫ですが、肩の小屋からは岩肌の道が続きますので、できれば登山靴をおすすめします。

くるぶしまでサポートしているミドルカットシューズが良いでしょう。

高山病への備え

高山病は標高2,400m以上の山で起こりやすいと言われています。

乗鞍岳は標高3,026m、登山スタートの畳平で2,702mです。シャトルバスで一気に畳平まで上がってきますので、高山病が発症する恐れがあります。症状は、頭痛・吐き気・動悸・むくみなどです。

高山病になるのを防ぐために、畳平に着いたらすぐに登り始めるのではなく、畳平で少しすごして、体を高度に慣らしてから出発しましょう。

畳平を出発してすぐにお花畑の遊歩道があります。ここでもゆっくりと高山植物を眺めていくのも良いでしょう。

もし、高山病の症状が出たら、それ以上高度を上げないようにして、休憩をしましょう。

その時は気分が悪いからといって横になってはいけません。横になると呼吸が浅くなり、酸素を十分に取り入れることができなくなるからです。

汗で体が冷えないように、長袖のシャツやレインウェアで保温して、水分を摂るようにしましょう。

症状がどんどん悪くなる場合は、体が動くうちに下山を始めましょう。無理をして意識障害になると、救助を求めないといけません。無理はしないようにしましょう。

比較的登りやすい山とはいえ、3000m級の山です。気をつけて安全に登山をするように心がけましょう。

おすすめ登山アイテム5選

THE NORTH FACE(ノースフェイス) ドライライトジップアップウエア

素材:ポリエステル、ポリプロピレン
サイズ:M、L、LL

SuperSportsXEBIOで見るAmazonで見る楽天市場で見る

登山に最適なドライウェア

速乾性に優れたポリエステルを使用した、ワッフル生地の半袖Tシャツ。短い繊維を紡績したスパンポリエステルの糸を使うことで、天然素材に近い風合いを表現しました。凹凸のある生地は適度なシャリ感があり、ドライタッチで肌を快適な状態にキープします。

THE NORTH FACE(ノースフェイス) フラッシュドライライトジップアップ

サイズ:S、M、L、XL
素材:ポリエステル70%、ポリプロピレン30%

SuperSportsXEBIOで見るAmazonで見る楽天市場で見る

高機能半袖ジップシャツ

速乾性・通気性を重視した高機能半袖ジップシャツ。肌面には水を含まないポリプロピレンを使用し、ドライな肌触りをキープ。汗冷えのリスクを軽減します。表面は吸汗・速乾性に優れた高通気ポリエステルを使用しています。

Columbia(コロンビア) コットンウッドフォールズパンツ

サイズ:S、M、L、XL
素材:ナイロン96%、ポリウレタン4%

SuperSportsXEBIOで見るAmazonで見る楽天市場で見る

紫外線カットパンツ

サラリとした素材感のパンツ。高い紫外線カット率を誇る仕様で、しっかり日焼けを防ぎたい方におすすめ。汚れが付着しにくい撥水加工をほどこしてあり、アウトドアシーンで安心して履けます。

mont-bell(モンベル) ストームクルーザージャケット

サイズ:S、M、L、XL
素材:ゴアテックスファブリクス3レイヤー(表:20デニール・バリスティック ナイロン・リップストップ)

SuperSportsXEBIOで見るAmazonで見る楽天市場で見る

雨の日登山におすすめ!

モンベルを代表するレインウェア「ストームクルーザー」は、GORE C-ニットバッカーテクノロジーを採用することでしなやかさが向上。

縫製箇所を減らすなどの大幅な軽量化と同時に、これまでにない柔らかな着心地を実現しました。ポケット部分にもシーム処理を施し防水性を高めるなど、細部に至るまで徹底した防水・撥水処理を施しています。ウインドブレーカーや防寒着としても活躍します。

Marmot(マーモット) サンスクリーンライトフーディ

サイズ:S、M、L、XL
素材: ポリエステル100%

SuperSportsXEBIOで見るAmazonで見る楽天市場で見る

快適な登山におすすめ!

赤外線反射率をアップさせ、ウェア内の温度上昇を抑えるSunscreenを採用したMarmot人気のフルジップパーカー。高い遮熱効果は強い日差しから肌を保護するのに適しています。

編集部からヒトコト

最後になりますが、ひとつだけお伝えしたいことがあります。登山道以外には入らないようにして、高山植物を踏んでしまったり、折らないようにしましょう。

乗鞍岳を登っている時に、私たちを優しく励ましてくれる高山植物の花たちは、咲くのに短くて5年、長くて20年もかかるのです。厳しい気候に何年も耐えて、やっと咲いた花は、踏まれたりするとすぐに枯れてしまします。

皆さんの優しさが、また来年もその花を咲かせて、乗鞍岳に登りに来てくれる皆さんをまた迎えてくれるでしょう。

高山植物に出会いながら楽しく登ることができ、頂上からの眺めも素晴らしい乗鞍岳の登山を安全に楽しんできてくださいね。

【関連記事】

人気記事ランキング

今月のイチオシ

PR
PR
ページトップへ