ホーム > スポットニュース > その他 > 折りたたみも出来る街乗り最速・最適の自転車ミニベロのメーカ紹介やおすすめアイテム22選!

折りたたみも出来る街乗り最速・最適の自転車ミニベロのメーカ紹介やおすすめアイテム22選!

2018年05月07日
twitter
facebook
はてなブックマーク

街でよく見かけるオシャレでスポーティなミニベロ。「ママチャリを卒業してミニベロライフを始めてみたい。」「初めてのミニベロを手に入れたいけど、どんなものがいいかわからない」といった方も多いと思います。今回は、ミニベロに関する知識や、おすすめのミニベロを紹介します。

目次
  1. ミニベロってどういう意味?
    1. どこからがミニベロなのか定義を解説
    2. ミニベロにみられる特徴とは?
    3. ミニベロをチョイスするメリットとは?
  2. ミニベロに欠かせないアイテム5選
  3. ミニベロを選ぶ際に知っておきたいブランドやメーカー
    1. DAHON(ダホン)
    2. BRUNO(ブルーノ)
    3. Bianchi(ビアンキ)
    4. GIOS(ジオス)
    5. Alex Moulton(アレックスモールトン)
    6. タイレル
  4. DAHON(ダホン)おすすめのミニベロ
    1. オシャレな7段変速
    2. シャープなフォルムがエレガント
    3. 14インチの超軽量ミニベロ
    4. お手頃価格な人気ミニベロ
    5. 本格的なダホンのミニベロ
  5. Bianchi(ビアンキ)おすすめのミニベロ
    1. 女性におすすめデザイン
    2. イタリアの碧い空色のミニベロ
  6. GIOS(ジオス)おすすめのミニベロ
    1. 女性が扱い易いデザイン
    2. スポーティすぎないデザインが素敵
    3. 手に入りやすいオシャレモデル
    4. 手ごろな価格とスペックが売り
    5. 超軽量で快適な走り
  7. ミニベロで通勤通学の際の注意点
    1. 都心では探しにくい保管場所
    2. どのくらいの通勤距離なら疲れない?
    3. 距離以外のアップダウンにも注意!
    4. もしもの事故に備えて保険に入るのもおすすめ
    5. 総合的に見て考えよう
  8. ミニベロと一緒に長距離移動するには輪行を活用しよう!
    1. 自転車旅でよく聞く輪行とは?
    2. 電車や飛行機に輪行するときのマナーや注意点
    3. 輪行袋の種類
    4. 日本とは違う海外の自転車事情
    5. ミニベロで輪行するときに必要な輪行袋とおすすめアイテム5選を紹介!
  9. 編集部からヒトコト

ミニベロってどういう意味?

街でよく見かけるオシャレでスポーティなミニベロ。「ママチャリを卒業してミニベロライフを始めてみたい。」「初めてのミニベロを手に入れたいけど、どんなものがいいかわからない」といった方も多いと思います。今回は、ミニベロに関する知識や、おすすめのミニベロを紹介します。

どこからがミニベロなのか定義を解説

「小さい自転車」というのは、タイヤの径が小さいという意味で、小径車とも呼ばれます。

日本のJIS規格におけるコンパクト車の定義では、「室内での保管、自動車トランクへの収納又は公共交通への持ち込みを意図し、呼び(径)20以下の車輪及び軽量なフレームによって、軽量化及びコンパクト化を図った自転車」と定義されています。

ただし折り畳み自転車はフォールディングバイクという種類として、別物として分類されることもあり、同じく20インチの車輪でもBMXは慣例として認めないと説明されている用語集などもあり、ミニベロとしての厳密な定義は存在しません。

ここでは便宜上、折りたためるタイプの自転車も、ミニベロとして扱うこととしてご紹介していきます。

ミニベロにみられる特徴とは?

総じて車輪の径が小さいので、漕ぎ出しが軽く、減速も早い、というのが大きな特徴です。ミニベロが最速と言っても、瞬間最高時速や長距離ライドではロードバイクにはかないません。

自転車を漕ぐ際に一番トルクが必要になる「漕ぎ出し」の部分が軽くて楽になる、という意味で街中最速であるといえます。

サイクリングロードなどでずっと長い距離を止まらずに走るならばロードバイクが当然有利ですが、信号でストップ&ゴーが多い街中では、ミニベロは使いやすい自転車であるということになります。

観光地や大きな公園などでよく扱われるレンタルサイクルにミニベロが多く採用されているのも、同じ理由からです。

ハンドルの操作感も、普通の自転車とは違ってクイックなものになります。ミニベロは小径タイヤのため、タイヤの接地面積が広くなります。接地面積が広いと、ハンドルを切ったときに高いグリップ力が働き、鋭く曲がれるということです。

また小径ゆえに、ハンドルの直下にタイヤの軸が来るという位置関係になるので、少ない力でも大きく方向が変わる傾向にあります。

ミニベロをチョイスするメリットとは?

車輪の径が小さいため、短距離であれば上り坂で軽く登れるのが強みです。上り下りの多い起伏の多い道や海岸線の近くに住む人などは、普通の自転車やロードバイクを使用するよりも乗りやすく感じることでしょう。

また車体が軽量であることから、輪行でのポタリングに向いています。折りたたむことができるならなおさらですが、車や電車に乗せて移動しやすいのがメリットです。

ミニベロに欠かせないアイテム5選

LEZYNE(レザイン)  KTV DRIVEフロント ライト

ルーメン:180LUMENS(ディタイムフラッシュモード)
重量:45g (マウントストラップ別)
カラー:BLACK / WHITE / RED / BLUE

LEDで高光度、防水性もあって使いやすいヘッドライトです。

SuperSportsXEBIOで見るAmazonで見る

LEZYNE(レザイン)  STRIP DRIVEリヤ ライト

ルーメン:150LUMENS (デイタイムフラッシュモード)
重量:69g
カラー:BLACK

コンパクトな縦型赤色リヤライトで、シリコンコーティングがされて衝撃にも強くなっています。

SuperSportsXEBIOで見るAmazonで見る

アキワールド ZEN MASTER ダイヤルロック

サイズ:幅10mm×長さ180cm

カギをなくす心配のないダイヤルロックで、走行中はシートポストに収納できます。長さも前後車輪を同時にロックできる長さです。

SuperSportsXEBIOで見るAmazonで見る楽天市場で見る

w.p.c (ワールドパーティ) ウォータープルーフボディバック

素材:ポリエステル100%
サイズ:(約)幅21×奥行6.5×高さ11cm

カゴのないミニベロに、荷物を入れるバッグは必須です。ウォータープルーフを施されたウエストバッグで急な雨も安心です。

SuperSportsXEBIOで見るAmazonで見る楽天市場で見る

アキワールド COLOR WORK STAND

29erまで対応のワークスタンド

車体にスタンドの付いていないミニベロは、室内保管用のスタンドが必須です。このスタンドで立ててあれば自宅でメンテナンスもしやすくなります。

SuperSportsXEBIOで見る楽天市場で見る

ミニベロを選ぶ際に知っておきたいブランドやメーカー

DAHON(ダホン)

折りたたみ自転車ブランドの中でも最も歴史のあるブランドの1つです。独自の技術でコンパクトかつ走行性能が高い自転車を多く生み出し、独特な折りたたみ機構で特許も持っています。

BRUNO(ブルーノ)

「旅」をテーマに、フレームの素材、製法、ジオメトリにこだわったメーカーです。B_antというさらに作り込んだブランドも展開しています。

Bianchi(ビアンキ)

チェレステカラーがトレードマークの、ロードバイクでもおなじみのイタリアのメーカーです。自転車が発明された年に自転車メーカーとして創業し、現存する中では世界最古の自転車ブランドです。

GIOS(ジオス)

ジオスブルーが特徴のイタリアのメーカーです。ブルックリンというプロチームにフレームを供給しているブランドでもあります。

Alex Moulton(アレックスモールトン)

アレックス・モールトンというイギリスの技術者が立ち上げた、小径自転車のメーカーです。独特のフレーム形状が特徴です。

タイレル

アイヴエモーションという会社が立ち上げた、数少ない日本の自転車ブランドです。シンプルなデザインと塗装方法にもこだわった純国産の自転車は、国内を中心にアジアなどの海外でも人気があります。

DAHON(ダホン)おすすめのミニベロ

DAHON(ダホン)International 18年モデル Vybe D7

カラー:ダークチェリー
質量:11.9kg
サイズ:高さ 67cm x 幅 83cm x 奥行 34cm

Amazonで見る

オシャレな7段変速

軽量アルミフレームモデルで、カラーバリエーションがオシャレ。7段変速、跳ね返りによる汚れや傷を防ぐ泥よけや、手元で素早く変速できる SHIMANO製グリップシフターなど、基本性能はばっちりです。

DAHON(ダホン) 18年モデル SpeedD8 Street

カラー:ブロンズ
質量:12.4kg
サイズ:高さ 67cm x 幅 82cm x 奥行 32cm

Amazonで見る

シャープなフォルムがエレガント

高機能とエレガンスなフォルムを併せ持つミニベロ。丈夫なクロモリフレーム、精密なステアリング、走り心地抜群の太いタイヤが特徴です。長い距離を走る方からオシャレな街乗りを求める女性まで、幅広くおすすめできます。

DAHON ダホン k3 14インチミニベロ

カラー:ホワイト / ブラック
質量:7.8kg
サイズ:W65 × H59 × D28

Amazonで見る楽天市場で見る

14インチの超軽量ミニベロ

タイヤのサイズが14インチと、他のものに比べてコンパクト。超軽量な3段変速です。トップチューブからBBにかけて専用ワイヤーでつなぐことにより、フレームにトライアングルが形成され、フレームヒンジ部への負担を軽減する新テクノロジー「Deltec」を搭載。

DAHON(ダホン) Route 7段変速 折りたたみ自転車

カラー:フォレストグリーン
サイズ:20インチ

Amazonで見る

お手頃価格な人気ミニベロ

7段変速の人気エントリーモデル。「ちゃんとしたミニベロがほしいけど、あまり高価なものは買えない・・・」と考えている方にはおすすめです。マッドガードやチェーンガードももちろんついているので普段使いに最適。

DAHON(ダホン) 折りたたみ自転車 Visc.

カラー:オブシディアンブラック
重さ:11kg
サイズ:20インチ

Amazonで見る

本格的なダホンのミニベロ

e-Barテクノロジーという新テクノロジーを取り入れたフレームはヒンジ部のねじれを防止し、安定して走ることができます。

Bianchi(ビアンキ)おすすめのミニベロ

Bianchi(ビアンキ) MINIVELO 7 2018モデル チェレステクラシコ

カラー:水色
質量:11.9kg
サイズ:高さ 48(160〜170cm)

Amazonで見る

女性におすすめデザイン

7段変速のおしゃれなミニベロ。水色のシャープで美しい車体は、女性が乗るとすごく映えそうです。がっつり乗りこなしたい人も、普段の街乗りに使い人にもおすすめ。

BIANCHI(ビアンキ) 2018 MINIVELO-8 DROP CLARIS チェレステ

カラー:水色
サイズ:43~54インチ

Amazonで見る

イタリアの碧い空色のミニベロ

上のチェレステクラシコと比べると、ハンドルの形状が違っています。ミニベロ本体の美しいチェレステカラーは、イタリアの碧い空を意味し、130年以上使用されています。

GIOS(ジオス)おすすめのミニベロ

GIOS(ジオス) ミニベロ MIGNON BLACK 470mm

カラー:ブラック
質量:10.2kg
サイズ:470mm(155~170cm)

Amazonで見る

女性が扱い易いデザイン

リラックスポジションを確保できるフラットハンドルのため、女性も乗りやすいミニベロ。オシャレなデザインもファッショナブルです。豊富なカラーバリエーションなので、お気に入りのひとつを見つけてください。

GIOS(ジオス) 2018 PULMINO プルミーノ

カラー:レッド
質量:12.0kg
サイズ:400mm(150-175cm)

Amazonで見る

スポーティすぎないデザインが素敵

ミニベロでありながら、あまりスポーティすぎないところがオシャレのポイント。7段変速なので、町中を快適に走れますよ。乗り降りがしやすい、スタッガードフレームの小径車です。

GIOS(ジオス) クロスバイク LIEBE(リーベ) 2018年モデル

カラー:ジオスブルー他
質量:13.0kg
サイズ:高さ 40cm

楽天市場で見る

手に入りやすいオシャレモデル

ジオスオリジナルのアルミ素材を使用した7段変速。ファッション性と実用性が高いバイクで、26インチという女性も扱いやすいサイズ。比較的安い値段で手に入るため、初心者にもおすすめです。

GIOS(ジオス) 2018年モデル ESOLA / イソラ

カラー:ジオスブルー他
質量:13.0kg
サイズ:45cm

Amazonで見る楽天市場で見る

手ごろな価格とスペックが売り

700cホイール搭載でよりスポーティな乗り心地を実現。通勤、通学時にも安心して使えるマッドガードやチェーンカバーももちろんついています。シンプル且つ比較的安価な価格なので、こちらも初心者におすすめのバイクでしょう。

GIOS(ジオス) VINTAGE PISTA

質量:8.9kg
サイズ:48~54cm

楽天市場で見る

超軽量で快適な走り

フレームはクロモリ、フォークはカーボン、超軽量でスリムな外見なのにも関わらず、頑丈さも兼ね備えています。その軽さから走りはより快適になるため、バイクを持ち歩いて色んな場所を走りたいという人にはぜひ選んでもらいたいバイクです。

ミニベロで通勤通学の際の注意点

ミニベロの特徴やメリットはご紹介しましたが、通勤通学に使用する際の注意点はどんなものがあるのか、見てみましょう。

都心では探しにくい保管場所

折りたたみタイプならば折りたたんで室内にも持ち込めるミニベロですが、折りたためないタイプの場合だと意外に困るのが保管場所です。

都心だとマンションやアパートの部屋も狭くなりがちな上、ミニベロと言ってもそこまで小さいわけでもありません。

タイヤが小さいだけで、実は普通の大きさの自転車とホイールベースはほぼ同じであるため、折りたためない自転車を室内に保管するとなると途端に場所を取ります。

自宅での屋外保管や、勤務先での駐輪についても、カギをかけていても車体が軽いため盗難被害に遭いやすい傾向にあります。車体を含めてフェンスなどの固定物を絡めて長いカギでロックできる場所を探さなければなりません。

どのくらいの通勤距離なら疲れない?

街中最速とはいえ、タイヤが小径のため間違いなく普通の自転車に比べてペダルを漕ぐ回転数は増えることになります。

タイヤの円周で考えると、ロードバイクで使われる700cというサイズの円周は約200cmで、ミニベロに多い20インチは約150cmです。タイヤが1回転したときに進む距離が50cmも短くなってしまうということです。つまりロードバイクに比べて約25%多くタイヤを回転させるために力を使わなければなりません。

通勤時間をだいたい1時間と考えると、ロードバイクで街中を通勤で進める距離が1時間で約20km程度なので、ミニベロでは12~15km程度を目安として考えた方が良いでしょう。

どうしても長距離を乗る場合だと、ギアクランクやスプロケットを別のパーツに改造し、ギア比を変えることでペダル1回転で進む距離を伸ばすことも可能です。

距離以外のアップダウンにも注意!

短距離の登りなら得意だと先述しましたが、長距離になると登りも下りも大変だと思った方が良いでしょう。タイヤ1回転で進む距離が短いため、距離が長くなれば長くなるほどペダルを漕ぐ回数はさらに増えてしまいます。

いくら軽く漕げるとはいっても回数によっては大径のタイヤよりも逆に疲れてしまうでしょう。長距離の下りが苦手なのは、これも先述したハンドル操作がクイックである点に起因します。

少しの力で大きく方向が変わってしまうため、長い下りでスピードが出ている時はしっかりとハンドルを固定できる腕力が無いと、車体がまっすぐ進めずフラつきやすくなります。

場合によってはそのせいで転倒してしまうかもしれません。長い下り坂でのカーブで曲がる際も、ハンドルを曲げて方向転換するのではなく、スピードを落としながら体重移動で車体を傾けて緩やかに曲がれるように注意しましょう。

もしもの事故に備えて保険に入るのもおすすめ

最近よく耳にすることが多くなってきましたが、自転車保険がおすすめです。

有名なものがTSマークと呼ばれるもので、資格として認められた自転車安全整備士が点検整備した自転車に付けられるシールで、事故でケガをした時の入院保障や、相手にケガをさせてしまった時の賠償責任保障が付けられます。

近年では自転車賠償保障の加入が義務化されている自治体も増えてきているため、コンビニでも簡単に入れる自転車保険なども多くなってきています。

事故が起こったときはまずはその場で警察を呼び、事故処理を行ってから、保険会社に連絡するのが正しい手順です。

総合的に見て考えよう

そもそもミニベロが通勤通学に向いているかどうかは、自分の生活に照らしながら考えた方が良いでしょう。ミニベロはスポーツ車の一種でもあるため、カゴやライト、スタンド等の余計なパーツは付いていません。

荷物が多くて自転車のカゴを使用したい場合はミニベロでは難しいですし、ライトも後付けのパーツではコンビニなどに立ち寄る際にも逐一自転車から外して持ち歩かないと盗まれてしまいます。

自宅と職場の間に、立ち寄る場所が多い場合はスタンドがなければ大変で、勤務先の駐輪場でも停める場所を選ぶ必要があります。あくまで軽く街乗りでポタリングをする程度、もしくは輪行用に使用するためのもの、と割り切った方が良い場合もあります。

ミニベロと一緒に長距離移動するには輪行を活用しよう!

メリットの項目でもご紹介したように、ミニベロは輪行とは非常に相性の良い自転車となっています。ここで、輪行について詳しくご紹介します。

自転車旅でよく聞く輪行とは?

自転車といっしょに車や電車に乗って、旅先で自転車に乗ってサイクリングを楽しむ方法です。

旅先で観光名所を回る際に、徒歩だと時間がかかってしまうし、バスやタクシーもお金がかかってしまうので、旅行で時間とお金を節約するのにはうってつけの移動手段となります。

レンタカーやレンタルサイクルを借りるよりも、自分の愛車と共に旅をすること自体に楽しみを見いだせる人が、本当のサイクリストといえるでしょう。

電車や飛行機に輪行するときのマナーや注意点

公共の交通機関に自転車を乗せて運ぶ場合は、他の乗客にタイヤの汚れや突起物で迷惑をかけないように、「輪行袋」と呼ばれる自転車専用の持ち運びバッグに入れて運ぶことが最低限のマナーです。

今でこそ輪行袋が登場してきたおかげで、公共交通機関に自転車を乗せることが認められやすくはなってきました。しかしひと昔前は、自転車も人一人分のスペースを占領するため、荷物ではなく一人分の乗車料金を取られた時代もありました。

今でもその一人分のスペースを占有してしまうことに変わりはないので、他の乗客の邪魔にならないように、空いている時以外は席に座らない、座るにしても端っこの席だけ、乗車扉の付近には陣取らないなどいろいろと気を使わなければならない場合が多いです。

なるべく人の混み合う時間帯は避けるなど、自分のストレスを増やさないためにも気を回す必要があり、日本ではまだまだ気苦労は多い移動方法です。

飛行機では航空会社によって金額はまちまちですがどうしても大きい荷物になるのでお金はかかってしまいます。また気圧の変動があるため輪行袋に入れる前にタイヤの空気を抜いておくのがトラブルを回避する最低限のマナーです。

輪行袋の種類

輪行袋も多くのメーカーから販売されるようになり、さまざまな種類があります。

前輪だけ外す袋タイプ、前後輪外す袋タイプ、肩からショルダーバッグのようにかけるタイプ、ハードケースタイプ、キャスターが付いたタイプ、折りたたみ自転車と一体になっているタイプなどがあります。

自分の自転車のサイズや、どれだけ面倒を省きたいか、どれだけコンパクトに運びたいかなどを加味して輪行袋を選ぶ必要があります。

日本とは違う海外の自転車事情

自転車の文化が盛んなヨーロッパの国々では、電車に自転車専用車両というものが連結されており、自転車をそのままの状態で乗せることができます。

車輪を外したり、輪行袋に入れたりする面倒な手間が無いため、週末はサイクリングを楽しむ人でいっぱいになるほどだそうです。

2階建ての車両の1階部分が、自転車やベビーカーなどを入れるスペースになってたり、椅子が折りたためるようになっていて大きい荷物も乗せられるようになっている車両があったり、形はさまざまですがイギリス、イタリア、ドイツ、デンマーク、オランダ等々各国で自転車を乗せられる電車が通っています。

ミニベロで輪行するときに必要な輪行袋とおすすめアイテム5選を紹介!

OSTRICH(オーストリッチ) 輪行袋 [L-100]

カラー:レッド、ブラック、ブルー
付属品:ショルダーベルト、中締めベルト
材質:NL210D/ARC

肩掛け用のベルトの付いた輪行袋です。どんな車体も前後輪を外せば入れられるフリーサイズになっています。

SuperSportsXEBIOで見るAmazonで見る楽天市場で見る

TIOGA(タイオガ) ドレスパーツ 輪行袋

サイズ:L1,300 x H1,000mm
重量:210g

かなり大きめのサイズで、ロードバイクでも前輪のみ外せば入れられる輪行袋です。

SuperSportsXEBIOで見るAmazonで見る楽天市場で見る

OSTRICH(オーストリッチ)  ロード220輪行袋 サイクルバッグ

重量320g
サイズ:縦1070cm×横830cm×幅200cm

中仕切りのついたタイプで、車体と車輪を分けて入れられるため、フレームを傷つけにくい輪行袋です。

SuperSportsXEBIOで見るAmazonで見る

TIOGA(タイオガ) フォーク ホルダー

素材:プラスチック/アルミ合金
100mm エンド用

輪行袋に入れた車体の、フロントフォーク部分に取り付け、輪行袋や車体を傷から守るための部品です。

SuperSportsXEBIOで見る楽天市場で見る

TIOGA(タイオガ) リア エンド ホルダー

素材:プラスチック/アルミ合金
サイズ:130mm/135mm/142mm/148mmエンド用

輪行袋に入れた車体の、エンド部分に取り付け、輪行袋や車体を傷から守るための部品です。

SuperSportsXEBIOで見るAmazonで見る

編集部からヒトコト

街乗りに特化したミニベロの特徴やメリットデメリットについてご紹介しました。通勤通学に使うには条件が制限されてしまいますが、輪行とはとても相性の良い自転車です。普段利用する自転車のセカンドバイクとして、ミニベロで旅行を楽しんでみてはいかがでしょうか。

【関連記事】

人気記事ランキング

今月のイチオシ

PR
PR
ページトップへ