ホーム > スポットニュース > キッズ > 東京2020公認クライミングパークが4日間限定オープン!女王・野口の直接指導も

東京2020公認クライミングパークが4日間限定オープン!女王・野口の直接指導も

2017年04月07日
twitter
facebook
はてなブックマーク

2017年5月18日~21日の4日間、三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲(東京都・江東区)にて「三井不動産クライミングパーク for TOKYO 2020」が開催されます。

入場無料!五輪新競技「スポーツクライミング」3種目に挑戦

「三井不動産クライミングパークfor TOKYO 2020」は、三井不動産株式会社が東京都と公益財団法人日本オリンピック委員会(JOC)、公益社団法人日本山岳・スポーツクライミング協会の後援で実施する、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会公認クライミングイベントです。

ららぽーと豊洲の屋外広場「シーサイドデッキ」に高さ3メートルから10メートルの巨大クライミングウォールが登場。来場者はオリンピックの追加競技として決定している「スポーツクライミング」の各種目(ボルダリング、リードクライミング、スピードクライミング)を気軽に、無料で体験することが可能です。

3種目の体験エリアは対象が小学1年生以上となりますが、会場内には小学生未満の子どもでも遊べる「キッズウォールエリア」も併設される予定です。

教室はクライミングの女王・野口啓代らトップクライマーが直接指導!

01 (1)

出典:三井不動産公式サイト

左から野口啓代選手、野中生萌選手

また、5月20日は会場内において第7回「三井不動産スポーツアカデミー for TOKYO 2020」としてクライミングアカデミーが開催されます。一般公募で参加者を募ります。

講師を務めるのは、世界大会において幾度もの優勝経験を持つ、いわずと知れたクライミングの女王・野口啓代選手や野中生萌(みほう)選手、杉本怜選手など日本を代表するクライマー。一流のアスリートの技を間近で見られるのは五輪公認イベントならではの魅力です。

2020年に向かってますます盛り上がりを見せるスポーツクライミング。はじめるなら、今がチャンスです。



限定クライミングパークから、女性や子どもに優しいジム、お得なキャンペーン情報まで「今すぐ行きたくなる」ボルダリング情報がメールで届く!

人気記事ランキング

今月のイチオシ

PR
PR
ページトップへ