ホーム > スポットニュース > その他 > 一度は割ってみたい。あの「瓦割り」が楽しめるスポットが登場!

一度は割ってみたい。あの「瓦割り」が楽しめるスポットが登場!

2015年12月14日
twitter
facebook
はてなブックマーク
今回訪問する施設はその名もかわら割道場!!!

「本来は空手家にしかできない瓦割りを、女性や子どもでも楽しめるようにしたのが、かわら割道場です。」そんな謳い文句で瓦割りができるスポットがオープンしているそうで。
HA〜HA〜HA〜!この私を誰だと思っている!その辺のヤツらとは一味も二味も違うぞ!
第3代GRADIETORライト級チャンピオン・総合格闘家 濱村 健であるぞ!

今回訪問する施設はその名もかわら割道場!!!

写真:山脇 貴史 氏
(関係者の皆様、あとで目を見て謝ります)
そもそも瓦割りとは…古き時代より空手や中国拳法における部位鍛錬の証明として行われている手法で、極真空手などのフルコンタクト空手では延長戦でも決着がつかない時に瓦割りの枚数で判定が行われています。CMでアクション女優さんが頭で割ったりしているアレです。
という訳で総合格闘技界を勝手に背負い、カメラマンを連れて、いざかわら割道場へ! 武蔵小山商店街と戸越銀座商店街の間にある国道二号線を星薬科大学方面に入ってすぐにある株式会社 石川商店・またの名をかわら割道場。店の前まで来たら一目でわかります。

今回訪問する施設はその名もかわら割道場!!!

人の気配がないので2階の石川商店さんの事務所へ。不審者と思われたらどうしよう…取材の申請はしているはず!?怖い職人さんがいたら終わりや。恐る恐るドアをノックすると。
「こんにちは!」と女性の従業員の方が迎えて下さいました。「こちらでお待ちくださーい。」師範が来るのか、親方が来るのか、少し緊張。周りを見ると、オフィスはMacが並んでいたり、瓦の加工品達が並んでいて、和やかな雰囲気。

「こんにちは!本日はよろしくお願いします!」と、とても爽やかな方がいらっしゃいました。「こっ、こちらこそよろしくお願いしますっ!!」
こちらが道場長の石川弘樹さん

IMG_6843

とても爽やかな方で、全ての力みが無駄だったことに気づき一安心。少しお話をしたのちに、さっそく下の道場へ案内してもらいました。

IMG_6647

まずは注意事項を説明をしてもらいました。

・手にはタオルと拳サポーターを装着。
・瓦は割れた後の断面が切れるので気を付ける。
・序の口級~横綱級まである。
・コスプレレンタル無料
・チャレンジの際に発生したケガ等が自己責任
などなど。
ふと高校三年の文化祭が頭をよぎる…某スクールウォーズの題材となった高校出身でして、文化祭のイベントステージで「瓦割れる人いますかー?」という全く文化的でない催しが。濱村行けよーみたいな空気になり、満更でもない私は10枚割に挑戦。素手でトライし、無事に割れたものの、割れた瓦で手を切って大流血、拳も痛めて保健室送りになった苦い思い出…
その点かわら割道場では、あの全く文化的ではない文化祭とは違い、きちんと処理されたケガしにくい瓦を使用。軍手、拳のサポーターやタオルで体を保護して、ケガ予防対策も万全。
えっ?と戸惑う道場長を横目ににオープンフィンガーグローブを勝手に装着。

IMG_6671

[次ページ]
-まずは1枚、試し割りからスタート-

人気記事ランキング

今月のイチオシ

PR
PR
ページトップへ