ホーム > スポットニュース > その他 > 富士山登山で利用する山小屋の選び方や快適な過ごし方を紹介

富士山登山で利用する山小屋の選び方や快適な過ごし方を紹介

2018年06月07日
twitter
facebook
はてなブックマーク

富士山の山小屋に泊まるのなら、お天気が良ければ綺麗な夕焼けの空を見ることができたり、寝る前の夜空には下界で見るより大きく感じる北斗七星が見えたり、山小屋に泊まらないと経験できない楽しみがあります。

ただ、山小屋での宿泊が初めての方は、山小屋はどんなところなのか不安があると思いますので、富士山の山小屋のご説明と、山小屋の選び方をご紹介いたします。

登山でよく見かける山小屋とは?

登山において、2日間の行程の場合、山小屋かテントを張って宿泊しなければなりません。

富士山は富士箱根伊豆国立公園内にあり、ほんの一部を除いてテントを張ることは禁じられていますので、1泊2日のご来光を見る行程で富士山を登る方は、山小屋での宿泊となります。そんな、富士山の山小屋についてご案内していきます。

相部屋が基本

山小屋の部屋は畳の部屋での相部屋か、二段ベッドの相部屋が多いです。

特に富士山登山の混んでいる時期は、大広間に布団を隙間なく敷き詰めて寝る相部屋になると覚悟しておいたほうが良いでしょう。

個室の山小屋もある

疲労した体を回復させるために睡眠は重要です。相部屋だと眠れないのではないかと心配な方には、個室をおすすめします。しかし8合目からは個室のある山小屋はありませんので、7合目より下の山小屋に泊まる登山計画を立ててください。

個室といっても山小屋によっては、カーテンで仕切られているだけというところもありますので、予約時に個室の仕様を確認するようにしましょう。

費用感

山小屋の宿泊費は多くの山小屋が1泊2食付きで一人約1万円前後です。素泊まりや1泊1食付きのプランを用意しているところもあり,個室になると割高になります。山小屋の料金は、泊まりたい山小屋のホームページで確認できます。

食事

山小屋の食事は食べたいものをリクエストできません。したがって、出されたものを食べなければなりません。

富士山の山小屋の夕食の定番はカレーライスですので、山小屋に着く途中、他の山小屋でお昼ご飯にカレーライスを食べたりすると1日に2回カレーライスを食べないといけなくなるので気を付けたいところです。

朝食はおにぎりやサンドイッチ、山小屋によってはお弁当を用意してくれるところもあります。山小屋の食事は、嫌いな物が出されたり、量が足りなかったりするかもしれませんので、カロリーメイトや菓子パンなど、食事を補えるものを持参していくと良いでしょう。

予約は必須

宿泊は事前に予約しないといけません。

土日やお盆の時期は混み合いますので、富士山に登ることが決まったら、すぐに山小屋の予約をすることをおすすめします。山小屋で1泊して山頂でご来光を見る計画を立てている人が多いので8合目の山小屋はすぐに満室になってしまいます。

予約の電話をした時に、キャンセル料はいつからかかるのかも確認しておきましょう。宿泊費の支払いはほとんどの山小屋が現金支払いになりますので、現金の準備が必要です。

売店

山小屋は売店も併設している所がほとんどです。売店では温かい軽食を食べることができ、行動食のお菓子や、持参した分では足りない水を購入することができます。

勿論、通常よりも価格は高いですが、登山初心者の方は、必要な水や食料を全て持参して行くとザックが重くなるので、山小屋で補充するつもりで、できるだけ荷物を軽くして行くことをおすすめします。山小屋を上手に利用しましょう!

トイレ

山小屋のトイレは、ほとんどの所はトイレットペーパーが備え付けられていますが、土日やお盆の混雑時は、補充が間に合わないということも起こるかもしれません。

トイレットペーパーを持参するほどではありませんが、水に溶ける仕様のポケットティッシュなどを持参していると安心です。
 

【富士山登山】山小屋で快適に過ごすために

夏山シーズンの富士山の山小屋はいつも混み合っています。土日やお盆になると激混みします。ここでは、そんな中で少しでも快適にすごせるように、知っていただきたいことや、持っていくと便利なものをご紹介します。

なるべく音を出さないよう気遣いを

山小屋では、他の登山者の睡眠を邪魔しないように音を立てないように注意しましょう。

就寝時間に注意したいのがスーパーのレジ袋です。荷物を小分けするのに使いがちですが、ガサガサという音が意外と耳につきますので、音の少ないビニール袋や収納袋を使うようにしましょう。

インナーシュラフでぐっすり快眠

山小屋の布団を使うのに抵抗がある方がいるかもしれません。特に女性は、布団のダニや汗の匂いなど、山小屋の布団を使うのが不安になると思います。

そのような方は、インナーシュラフを利用しましょう。インナーシュラフとは本来シュラフ(寝袋)の中で使う薄い素材のものです。このインナーシュラフを布団の中で使えば、直接布団が肌に触れませんので快適に眠ることができます。

耳栓やアイマスクをつかう

富士山の山小屋では、大勢が布団を敷き詰めた中で寝なければなりません。就寝時も誰かの話し声や、隣の人のイビキが聞こえてきます。

また、誰かがトイレに行くためにヘッドライトで足元を照らすため、その光が顔に当たることがあります。そんな中でも睡眠がとれるように、耳栓とアイマスクを持って行きましょう。

できれば普通のマスクもあると良いと思います。布団のホコリを防御できますし、山は結構乾燥していて喉が痛くなることも防止できます。

歯磨きガムでケアする

山小屋によっては「歯磨き厳禁」と貼り紙がしてあるところもあります。歯磨きをしないと気持ち悪いという方は、液体歯磨きを使って持参のお水で口を1~2回ゆすいだり、歯磨きガムを持っていくのが良いでしょう。

シャワーはないためウェットティッシュで代用

山では水が貴重品です。富士山の山小屋にはシャワーは勿論ありませんが、洗面所もありません。

女性は汗のベトつきだけではなく、日焼け止めクリームやお化粧などを落としたいですよね。そんな時は、体用や顔用のウエットシートを持っていきましょう。それで拭くだけでさっぱり気持ち良くなります。

服や装備を濡らさない

濡れた服装のまま布団を使ってはいけません。汗や雨で着ている服が濡れていたら必ず着替えて布団を使いましょう。

したがって、ザックやザックの中のものを濡らさないようにしなければなりません。ザックにはレインカバーをかけて、中の着替え等も濡れないようにビニール袋で小分けして防水しましょう。濡れたレインウエアのまま畳に上がるのも厳禁です。

登山靴には目印を

自分の登山靴には、必ず目印をつけるようにしましょう。

山小屋の下駄箱には似たような登山靴がずらりと並び、自分の登山靴がどれかわからなくなってしまいます。実際、間違って取り違えてしまうことが起きています。

自分の登山靴には、中に何か入れておくか、洗濯バサミなどで、自分だけの印を付けておくなどして、他の人も自分も一目でわかるようにしておくと良いでしょう。

トレッキングシューズのおすすめが知りたい方はコチラ!

トレッキングシューズおすすめ11選! 初心者の方向けに選び方も!

翌朝の準備は就寝前に

寝る前に翌日の荷物の準備をしておきましょう。

出発時間はみんなそれぞれ違いますので、自分が起きる時間に周りの人はまだ寝ていることがあります。早朝から荷物を入れたり出したりは、意外と音がして迷惑をかけることになります。

また、朝から準備に焦ると、それだけで精神的に疲れてしまうものです。朝は余裕をもって、爽やかな気持ちでご来光を見に出発しましょう。

枕元に明かりや貴重品を

夜中にトイレに行く時は、ライトを持っていかなければなりません。夜中にライトを取るのにゴソゴソすると他の人の迷惑になりますで、ライトは枕元に置いておきましょう。

山小屋によって異なりますが、ザックは布団から離れた所に置いておく場合が多いです。貴重品は紛失しないように、自分が寝る布団に持ってきておきましょう。

【富士山登山】山小屋の選び方

富士山の山小屋は旅行先の旅館選びのように評判や口コミを見て決めるという訳にはいきません。自分の体力や、高山病にかかりやすいか、かかりにくいかを考えて決めるようにしてください。

どこの山小屋に泊まるかによって、登山計画の内容が左右されますので、慎重に選びましょう。また、山小屋を決定したらすぐに予約をするようにしましょう。

どの高さで泊まればいいか

体力に不安がある場合や未経験者の場合

体力に自信のない方は、3日目に頂上に着く計画を立てて、1泊目は5~6合目で宿泊し、2泊目は8合目で泊まり、次の日の朝にご来光を見るという行程をおすすめします。

少しずつ高所に体をならしながら、時間がかかってもゆっくり焦らずに富士山登頂をめざしましょう。

登山初心者から中級者の場合

朝から5合目を出発して、その日は7~8合目に泊まり、次の日は早朝の1~3時に山小屋を出発してご来光を見る行程が良いでしょう。

高山病が心配な方は、7合目のできるだけ低い山小屋で宿泊するのをおすすめします。

酸素濃度が低いことが原因で起こる高山病ですが、就寝中は酸素の摂取量が減りますので、更に高山病にかかる危険が増します。

登山の経験がある方で2500m級の山に登った時に頭痛などしたことがある方は無理をせず7合目の宿泊をおすすめします。

体力の面で心配がない方は、8合目で泊まると良いでしょう。8合目で宿泊し、次の日の早朝に出発してご来光を見る行程になります。

8合目に泊まるほとんどの方がご来光を見に早朝に出発するので、頂上付近に大渋滞が発生して結局頂上でご来光を見ることができなかったということもあります。体力に余裕があれば1時頃に出発して、余裕をもって頂上に着きご来光を待ち構えることにしましょう。

体力に自信があり登山上級者の場合

できるだけ上のほうの山小屋に泊まることをおすすめします。8合目より上の山小屋に早い時間に着いて、早く休息を取り、早朝に出発して、頂上でご来光を見る行程です。

例えば、一番高い標高の「御来光館」で宿泊したら、山頂までは1時間半で到着します。早めに出発すればご来光の渋滞に巻き込まれることも少ないです。

しかし、一日で3400mまで登ってくることになりますので、今まで2500m級の山で高山病の症状に悩まされたことがない方だけにしてください。

もし高山病になってしまったら

もし、あなたが2500m以上の山に登るが初めてで、富士山登山にチャレンジするのなら、高山病にかかるかもしれないと考えて、慎重に登りましょう。

高山病の症状と、その対処についてご紹介します。

軽度の場合の主な症状

頭痛、めまい、食欲不振、吐き気、倦怠感

軽度な症状の対処方法その1

休息をとって酸素の消耗を減らしましょう。

その時は体を横にしないようにしてください。横になってしまうと呼吸が浅くなってしまい、酸素を充分に体に取り入れられないからです。

また休憩中は体が冷えないように保温するようにしてください。体が冷えると血液の流れが悪くなり低酸素状態に陥りやすくなります。

軽度な症状の対処方法その2

水分を摂りましょう。脱水は症状を悪化させます。

そして、もし持っていれば、酸素スプレーで酸素を取り入れましょう。山小屋が近くにあれば、山小屋で酸素スプレーを購入できます。

重度の場合の主な症状

鎮痛剤で治まらない頭痛、嘔吐、ふらつき、無気力、意識障害、乾いた咳

重度な症状の対処方法その1

もしまだ動けるようであれば、少しでも標高の低いところに移動しましょう。

少し低いところに移動するだけで、随分と楽になることがあります。歩けるようならゆっくり下山を始めてください。少し楽になったからと言って、再度上を目指してはいけません。

重度な症状の対処方法その2

症状がおさまらない時は、救護所または山小屋に救助を求めましょう。

富士山の登山者の多いルートである吉田ルートの登りルート、富士宮ルートには救護所があり、緊急時はそこで応急処置を受けることができます。(須走ルート、御殿場ルートには救護所はありません)

・吉田ルート(登りルート) 
七合目救護所(標高2790m、山小屋「鎌岩館」下)
夏山シーズン中の一部期間開設、診療費無料、医師が24時間常駐

・吉田ルート(登りルート) 
八合目救護所(標高3100m、山小屋「太子館」に併設)
夏山シーズン中の一部期間開設、診療費無料、医師が24時間常駐

・富士宮ルート 
八合目 富士山衛生センター(標高3250m、山小屋「池田館」に併設)
夏山シーズン中の一部期間開設、診療費無料、医師が24時間常駐

山小屋や富士山登山であると便利なおすすめアイテム5選

PETZL(ペツル)  ティカヘッドライト

カラー:グリーン、ブラック、レッド、ブルー
照射力:200 ルーメン
重量:86 g

200 ルーメンの明るさとワイドビームを備えています。コンパクト、かつ軽量で、長時間の照射が可能です。暗闇でもランプを探しやすい蓄光リフレクターと、自分や周囲の人の目を眩ませることなく視界を保つ赤色光を備えています。

SuperSportsXEBIOで見るAmazonで見る楽天市場で見る

Black Diamond(ブラックダイヤモンド) スポットヘッドライト

カラー:アルミニウム、ブラック、デニム、ダークオリーブ、オクタン
重量: 88 g(電池込)
照射力: 300ルーメン

ブラックダイヤモンドヘッドランプのベストセラーモデル。高照度300ルーメンと最高水準の防水性能IPX8、多機能をコンパクトに凝縮しました。

SuperSportsXEBIOで見る楽天市場で見る

mont-bell(モンベル) ブリーズドライテックU.L.スリーピングバッグカバー

素材:ブリーズドライテック
重量:190g
カラー:バルサム(BASM)

滑らかで、心地よい肌ざわりと吸湿性があるため汗による不快感が少なく、静電気も起こりにくくなっています。軽量でコンパクトにたためるスタッフバッグつきです。

SuperSportsXEBIOで見るAmazonで見る楽天市場で見る

HIGHMOUNT(ハイマウント)  パティ・バディーズ耳栓

素材:シリコーン

騒音から耳をしっかりガードする耳栓です。どなたの耳穴にもぴったりと合う「カスタム・フィット」なので違和感がなく、長時間の使用が可能です。柔軟な素材なので、簡単・安全に挿入することができ、深く挿入する必要がないので、耳垢を奥のほうに押し込む心配がありません。

SuperSportsXEBIOで見るAmazonで見る楽天市場で見る

THE NORTH FACE(ノースフェイス) パーテックス スタッフバッグ 2L

カラー: (WK)ホワイト×ブラック、(WB)ホワイト×ブルー、(K)ブラック、(AP)アークティックプールブルー、(FR)ファイアリーレッド、(LE)レモン
素材:ナイロン

薄く軽量でありながら、高い引き裂き強度を誇るパーテックス カンタム素材のスタッフバッグです。荷物の仕分けがしやすいカラー生地と、中身を認識しやすいシースルー生地を使用しています。

SuperSportsXEBIOで見るAmazonで見る

編集部からヒトコト

泊まる山小屋を決める参考になりましたでしょうか?

ここ数年は、「弾丸登山」と言われる、山小屋で1泊せずに、夜通し歩いて頂上でご来光を見る日帰り登山をする方が増えており、自治体はその「弾丸登山」の自粛を訴えています。

睡眠をとらずに夜中に登山をするのは危険ですし、一気に山頂まで登るので高山病の危険も増し、無謀な登山と言えるからです。

安全な山登りをするために、無理のない登山計画を立てることが、楽しい登山にする第1歩です。

このページを読んでくださった方は、自分の体力に合わせて山小屋を選び、一日目の疲れを山小屋で癒し、高度に体を慣らしながら、安全で楽しい富士山登山をしてきてください!

【関連記事】

人気記事ランキング

今月のイチオシ

PR
PR
ページトップへ