ホーム > スポットニュース > ボルダリング > ボルダリング初心者必見! 服装や得られる効果を一挙紹介

ボルダリング初心者必見! 服装や得られる効果を一挙紹介

2016年02月18日
twitter
facebook
はてなブックマーク
300x250_Re enquete_300-250_Re

ボルダリングとは、壁にある凹凸に手や足をかけながら目標地点まで登るという競技。最近は、ボルダリングジムも増えてきて、耳にしたことがある方もいるのではないでしょうか?
興味はあるし、やってみたい! だけどなんだかイメージしにくい・・・。そんな方が気になる、ボルダリングのルール・魅力・メリットなどを、渋谷のボルダリングジム「Rock&Wall」上野インストラクターにうかがいました。

ボルダリング初心者必見! 服装や得られる効果を一挙紹介

ボルダリングってそもそも何? どんなルール?

ボルダリングと聞いて、カラフルな壁を登っていくものを想像する人も少なくないと思います。これは巨岩を登ることを目的としたフリークライミングのアクティビティを競技化したものです。
ボルダリングのクライミングウォールは基本的には屋内に設置されていることが多く、大自然の中に行かなくても、気軽にクライミングを楽しめるのが特徴です。

クライミングウォールにたくさんついている凸凹は「ホールド」と呼びます。クライマーは指定された課題のホールドのみを使ってクライミングウォールを登っていきます。選択する課題によって難易度が変わるので、初心者から玄人まで自分のレベルにあった課題で楽しむことができるのが特徴です。

ボルダリングは子ども、女性、高齢者も楽しめる!

ボルダリングをはじめとした、クライミングをしている人の体型をあなたはどうイメージしますか? 肩幅が広かったり、腕が太かったり・・・上半身に筋肉がつくという印象を持っている人が多いのではないでしょうか。
しかし、実はボルダリングのクライマーは細マッチョが多いのです! 

世界レベルで活躍するボルダリングのクライマーたちは、一般の人に比べれば筋肉隆々ですが、それでも他競技のアスリートに比べれば細身。筋肉量が多すぎると体重が重くなるので、クライミングが大変になるとか。実はクライミングで一番重要なのは力ではなく、「どれだけ力を使わずに登れるか」ということなのです。つまりボルダリングは、非力な女性や、子ども、高齢者でも、自分のレベルにあった課題を選択し、楽しむことができるんです。

ボルダリングはシェイプアップにも最適なスポーツ

ボルダリングはシェイプアップを目指す人にとっても、おすすめの競技です。理由として挙げられるのが、コアマッスル(体幹、インナーマッスル)が自然と鍛えられるということ。

予約殺到中!無料で最先端フィットネスが体験できる店舗が期間限定オープン 

「ボルダリングの特徴は、腰の位置や重心をうまく移動させるイメージで次のポイントに移り、力をできるだけ使わずに目標ポイントまで登ることです。重心を意識して登っていくので、体はバランスを取ろうと自然とコアマッスルを使っています。コアマッスルが鍛えられることで、常に体の中から脂肪燃焼が行われる体に変化していくんです」(上野さん)

上野さんは「ボルダリングを週一回、コンスタントに一カ月間行えば、体は引き締まります。さすがに劇的な変化ということではないですが、ボルダリングを始めてから太るという人はいないですね」と続けます。
体の深部にあるコアマッスルを使っているので、外側の筋肉にはあまり影響しません。難易度が上がっていけば腕や肩に負荷がかかるため、多少筋肉がついてきますが、メインで使うのはあくまでもコアマッスル。「体は鍛えたいけど、マッチョな見た目にはなりたくない」という人にも安心です。

まるでパズルゲーム 頭脳で攻略するボルダリング

クライミングウォールを力を使わずに登るために何より重要なのは、足の置き場。その置き方を決めるのは、自分自身です。
スタート、ゴールのホールドは決まっていますが、ゴールまでの道のりは、指定されたホールドの色を守れば自由。

どのように足をかけよう、どこに手を置こう・・・うまく重心を移動するために、頭を使って競技を進めていきます。それぞれの体の使い方にあったコースは無限大です。
「パズルゲームみたいと表現する人が多いですね。謎解きを実際に体を使ってやっている感じです」と上野さん。 また体を動かしながら頭を使うことは、脳の衰退、発達にも大きく影響するとか。
「高齢者のクライマーでボケているという人は聞かないですね。ボルダリングなんか自分には無理・・・と思うご年配の方も多いかもしれませんが、Rock & Wallのオーナーは50歳を過ぎてから競技を始めています。本当に年齢関係なくできるので、ぜひチャレンジしてみてほしいです」(上野さん)。

ボルダリングは高齢者だけでなく子どもの発育にもいい影響を与えます。上野さんは「体の使い方を覚えること、体をどのように動かそうかと想像することは、子どもにとっても重要な能力です。体を動かしながら頭を同時に動かすことで、思考能力の向上につながります」と話します。

ボルダリングをするために知っておきたいこと

ボルダリングがとても魅力的ということはわかっていただけたでしょうか。
次は実際にボルダリングジムに行くための準備をしましょう!

1.ボルダリングをする服装・持ち物

ボルダリングで必要なものは、「動きやすい服装」「クライミングシューズ」「チョークバッグ」の3つだけ。

まずは服装についてです。服装は、短パンにTシャツなどのラフな格好がおすすめ。足を開いたり、腕を上げたりすることも考慮して選ぶといいかもしれません。
半ズボンの場合はホールドで足をすって傷になったりすることもあるので、傷を作りたくない人は、パンツの下にレギンスなどを履くことをおすすめします。
次にクライミングシューズについてです。だいたいのボルダリングジムで貸出を行っているので、初心者の人や、たまに行く人は用意する必要はありません。

クライミングシューズは、必ず普段履いているシューズよりも1~2センチ小さいものを使用しましょう。
なぜかというと、小さなホールドに足をかけるとき、つま先とシューズの先端にすき間があると、うまく足が引っかからずに落ちてしまうおそれがあるからです。とは言っても、前述のとおりシューズのレンタルを行っているジムがほとんどなので、初心者の方は知識に留める程度でOKです。

最後にチョークバッグについて。

チョークバッグとは、よく体操選手がつけている滑り止めの粉を入れるものです。
Rock & Wallは無料でチョークバッグの貸し出しを行っているのですが、多くのジムはレンタル代がかかります。はじめはジムのものを借りて、挑戦してみるのが無難。コンスタントに通うようになったら買うのがいいのかもしれません。
ここまででわかったように、基本的にボルダリング初心者の人が用意するのは服だけ。ジムによっては服まで貸出をしているところもあるので、そういうところだと体一つで気軽に足を運ぶことができます。

2.爪は短くしたほうが◎

また、ボルダリングをするときには、爪を短くしておいたほうが良いでしょう。
「爪の長さは指の頭と同じぐらい、もしくは出ていない状態が理想的です。ネイルをされている女性が、ホールドをつかむときに折ってしまったり、デコレーションが取れてしまったりすることがよくあります。また、落下時に自分の体を爪でひっかいてしまって傷をつけてしまう可能性もあります。長かったら絶対できないというわけではないのですが、できれば切っておくことをおすすめします」(上野さん)。

3.ボルダリングの適性年齢

ボルダリングは、下は小学生から、上は60歳、70歳まで楽しめる、本当に幅の広い競技です。その中でも多いのは男女とも30代前半。上野さんによると「社会人としても落ち着いてきたから、少し運動がしたい。しかしジムに通ったけど続かない」という人が多いそうです。
フィットネスジムは、一人で黙々とメニューをこなしていきますが、ボルダリングは個人競技でありながら、まわりのお客さんとコミュニケーションを取りながら取り組めるのがうれしいポイント。

「トレーナーに教わるのはもちろんのこと、常連さんからアドバイスをもらいながらやっていくうちに、会話が生まれてきます。お客さんの中には自然と仲良くなって、プライベートでも遊ぶようになる人もいます」(上野さん)。
実はボルダリングジムに通っていたことがきっかけで、成立したカップルも多いのだとか。上野さんは「もちろん、ひとりで黙々とやる人もたまにいらっしゃいますが、基本的には声を掛け合いながらやるのがボルダリング。『もっとこちらのホールドから攻めたほうがいいのでは?』など、話すきっかけがたくさんあるので、男女の出会いが多いのも事実ですね」と笑顔を見せます。

4.子どもにボルダリングをさせるときの注意点

最近では公園やショッピングセンターに簡易的なクライミングウォールが設置されていることが多く、それがきっかけでボルダリングを始めるお子さんが多いそうです。子どもがやりたいといったらやらせてあげたいのが親の心。しかしボルダリングのことをまったく知らないという人は要注意です。
もちろん親がボルダリングをやったことがないからといって、子どもが取り組めないということはありませんが、「しっかりと子どもを見守ってほしい」と上野さんは話します。

「子どもはどうしてもはしゃぎがちです。マットを敷いて、落下時の安全対策はきちんとされていますが、それでも落ち方が変ではなかったのかなど確認してほしいです。また、他のお客さんの下にいると、その人が上から降りてきたときに接触してしまうかもしれません。スタッフも、気を付けてはいますが、お子さんだけでなく、他のお客さんにも対応しているので目を離すこともあります。親御さんにはしっかりと見守っておくことをお願いしたいです」(上野さん)

ボルダリングジムへ行ってみよう!

ここまで長く話しましたが、ボルダリングへのイメージが変わったのではないでしょうか?
興味を持った人は、チャレンジしてみましょう。

今回お話をうかがった、Rock&Wallは渋谷駅から歩いて10分ほどのところにあるボルダリングジムです。多くのボルダリング施設が、クライミングウォールのスペースを大きくとってあるのに対して、Rock&Wallではボルダリングジムとしては珍しく、休憩スペースが多くとってあるのも特徴。

さらにコーヒーは飲み放題!「ここでボルダリングを楽しんでほしいという気持ちは大前提で、それ以外にもリフレッシュしてもらえる場所にしたいと思っています。変な話、ここで仕事をしてもらうとか・・・。そうやってボルダリングがもっと、生活に身近なものになってほしいです」(上野さん)。
22:30まで営業しており、会社や学校帰りにも気軽に通えるボルダリングジムです。

詳しくはこちら!

Rock&Wall

初心者にもおすすめなレギンス3選をご紹介

けが防止などに効果を発揮するレギンス。どれを買っていいかわからない!という方のために、初心者にオススメしたい商品を3つピックアップしました!

最終処分品 ヒートクロス

ヒートクロス ボディアレンジ ロングタイツ 751G4ES1769 BLK

素材:【本体】ポリエステル75%/レーヨン22%/ポリウレタン3% 【切替部】ポリエステル75%/ポリウレタン25%
サイズ:S~3L
機能:消臭、静電気防止

高機能な素材を必要な部分のみに適切に配置することで、履きやすさと機能性の両方を実現しました。さらに生地の温度が2℃上昇する発汗素材を仕様。体の体温を下げずに快適に運動することができます。消臭や静電気防止機能も完備。オススメの一品です。

クー ヒートクロス1

ヒートクロス AA ロングタイツ 891Q4ES6509

カラー:2色(ブラック、グレー)
サイズ:S~3L
素材:【本体】レーヨン62%/ポリエステル35%/ポリウレタン3%【ゴム部分】ナイロン51%/ポリエステル39%/ポリウレタン10%
サイズ:S~3L

体から発散される水分を熱に変える発汗機能素材「HEAT-X(ヒートクロス」を使用。体と衣服の接地面をドライに保つことでスポーツの天敵「汗冷え」を防ぎます。意外に思われるかもしれませんが、ボルダリングは体力を消耗するスポーツなので、汗冷え対策は必須です。

インナータイツ 741D5TT6625 BLK

インナータイツ 741D5TT6625 BLK

カラー:ブラック
素材:ポリエステル85%/ポリウレタン15%
サイズ:サイズ:S~LL

空気や水のなかのアンモニアを吸着することで不快な臭いを防ぐ「DEO-PARTS(デオパーツ)」搭載。粒上の従来型の吸着剤に比べると5~20倍もの吸収能力を誇ります。表面積が大きな繊維タイプを採用することで高速吸着を実現。洗っても吸着能力が落ちないのは大きな魅力です。



300x250_Re enquete_300-250_Re

人気記事ランキング

今月のイチオシ

PR
PR

おすすめコンテンツ

ページトップへ