ホーム > 広告 > いつまで「自己流」続けるつもり?市民アスリートがこれから学ぶべきこと[PR]

いつまで「自己流」続けるつもり?市民アスリートがこれから学ぶべきこと[PR]

ヒューマンアカデミー 夜間・週末講座

空前のスポーツ・フィットネスブーム。自己流でトレーニングを続けて、ケガをした経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。段階を踏まない無茶な走り込み。間違ったフォームでのウエイトトレーニング。不適切な応急処置。状況は様々ですが、ケガの原因の多くが、にわかに仕込んだ知識だけで行う自己流トレーニングによるものだと言われています。

あなたは大丈夫?自己流トレーニングの危険性

049

例えば、筋力トレーニング。その重要性をわかってはいても、目的に応じた方法や効果的なフォーム、回数をきちんと理解している方は少ないのではないでしょうか。

トレーニング方法はその人の年齢や健康状態、そのときの状況や目的によって変える必要があり、全てのアスリートが同じトレーニングを行うのは効果的ではありません。まず、自分は「筋持久力を上げたいのか、肥大化させたいのか」。そのために「どれほど負荷をかけ、どれだけ反復するべきなのか」。では「休憩は何分とるべきなのか」。誰もが知る、筋トレの王道「腕立てふせ」ひとつとったとしても、方法は一つではないのです。

理解せず無茶をすれば、当然その分ケガのリスクは高まります。今の自分の限界値を、漠然とでも理解できているでしょうか? 目的にそった、無理のないトレーニングができているでしょうか?

ケガを最小限に抑えることは、それだけ継続したトレーニングを行えるということ。結果的に、時間の節約、つまりパフォーマンス向上の効率化にも繋がります。高いレベルを目指せば目指すほど、それだけ正しい知識は必要不可欠なのです。

自分自身がトレーナーに!?

ヒューマンアカデミー 夜間・週末講座3

とすれば、やはり専門家の力をお借りするのがベターです。プロスポーツ選手の多くがパーソナルトレーナーを付けてトレーニングメニューを組んでもらっているという事実も、素人の付け焼刃ではレベルを維持するのが難しいことを物語っています。

とはいえ、市民アスリートが専属トレーナーを付けるというのはハードルが高いものです。継続的に費用がかかることを考えても最善策とは言えません。

では、どうするべきか。その専門知識を自分自身が身につけてしまえばいいのです。自分自身を自分のパーソナルトレーナーに。継続していくことを考えるならば、一生使える知識を自分でつけたほうが良いということになります。

週1回、半年でスポーツトレーナーに!

ヒューマンアカデミー 夜間・週末講座4

急に絵空事を話し始めたと感じる方もいるかもしれません。社会人ともなると、そう簡単に趣味に時間を割けるわけではなく、一から勉強をするとなると尚更そう感じる方もいると思います。

そんな方々におすすめなのが、「総合学園ヒューマンアカデミー 夜間・週末講座」のスポーツトレーナー・パーソナルトレーナー養成講座。6ヶ月間、1年間のコースがあるスポーツトレーナー養成スクールです。

ヒューマンアカデミー 夜間・週末講座5

同校では、曜日振替制度を導入。なかなか学習に時間をとれない方でも、土日や夜間など空いた時間帯を使って学ぶことができます。実際に生徒の約50%が社会人。通学は1週間に1回からでOKなので、働きながら、大学に通いながらでも受講が可能です。それだけの頻度でも、資格合格、一人前のスポーツトレーナーとしてのスキルが確実に身につきます。
※校舎によって、開講曜日や時間帯が異なります

トレーナー経験者向けの講座ではあるものの、未経験の方も数多く在籍しているので、年齢や実績を気にすることなく、誰でも安心してスポーツトレーナーを目指せます。

世界が認める育成力。

ヒューマンアカデミー 夜間・週末講座6

将来、職業としてスポーツトレーナーを目指している方にもヒューマンアカデミーはおすすめです。

世界標準規格の資格ライセンスを発行しているNESTA(全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会)の認定校として、ベストスクールアワードを受賞するなど、ヒューマンアカデミーの育成術は業界からも認められています。カリキュラムには資格取得のための対策が十分。圧倒的な資格合格率を誇ります。

また、授業スタイルは「座学+実技」。インプットした知識を実践の中でアウトプットする時間が、その都度に提供され、ただ試験に合格するためだけではない、実際に日常的なスポーツシーンで使える知識の習得が可能です。指導はすべてプロの現場で活躍するトレーナーによるもの。

現場での立ち振る舞いや、パーソナルトレーナーとしてクライアントをいかに獲得していくかなど、実際に職業としてスポーツトレーナーになった際にも困らない、実践的で役に立つスキルを指導してもらえます。

PR
PR
ページトップへ